川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

鐘の音が響き渡るころにはもう、春色の仕事をしている。

投稿日:

夏が終わるころには翌年のカレンダー印刷の話があり、秋が深まるころには年賀状のご依頼をいただくようになる。

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない | コトバノ

鐘の音が街中に響き渡るころにはもう、年度末の春色をした仕事の話になっているのがこの業界の常で、不思議な時間をずっと生きている。

川柳 20131204 | 短歌と川柳とマカロニと

光速に過ぎていく時間は、ときに残酷だ。僕を構成した居場所は、僕の永遠の思い出になってしまった。節目も知らないで、ありがとうも言えないままで。

川柳 20131207 | 短歌と川柳とマカロニと

説明して理解してもらいたいこともあれば、感じとってほしいこともある。そんなときの17文字や31文字はとても有効で、やっぱり僕は、この短詩文芸の魅力を伝えていくことに注力したい。新しい事務所ではそんな試みもしてみたくて、レイアウトを話し合ったりしている。

「煮詰まる」「煮詰まった」の意味と誤用 ~「煮詰まった」は「行き詰まった」ではなかった! | コトバノ

移転に伴うあれこれを考えては、すぐに行き詰まる。面積の限界、予算の限界、効率の限界、人員の限界。僕はいつも、メンバーに何かを考えてほしいとき、(こんな方向にいってほしい)というゴールをイメージしながら投げかけようにしている。ただ、今回の移転のことについては純粋に彼らの力を借りるつもりで、何の仮説も持たないままに協力を求めている。大きな機材の移動に自分たちの力だけでどこまで出来るか検証しようと、腹ばいになって構造を調べてくれている姿にはすこし感動した。有り難い、ありがとう。

「黄昏れる」の本来の意味とは ~夕陽の美しい島根県立美術館の閉館時間、ご存知でした? | コトバノ

乾燥して、空気が澄んで、この時期の黄昏、夕焼けは格別。一年の終わりの一日の終わりの色はこんなにも優しい。仕事で関わる方々の「いま」と「これから」は、必ずしも安泰とはいえず胸の苦しくなるような話もいくつかあるけれど、最悪の事態を想定しながら最良の結果を得られるような二人三脚でありたいと願う。

必要とされることに感謝して。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

淋しいニュースだよ、いつも母校の風にいて。

コンサートは、やっぱり最高だった。自分の物差しを持って生きていたいと思う。 万人に理解される考えなど、存在しない。自分は自分であれ。 コンサートが終わって、母校の悪いニュースが飛び込んでくる。 電話や …

no image

震災からしばらくして、神戸に灯の戻った日を思いだした

憲法の前文があって、憲法の9条がある。そうして、それらの憲法を最高法規として各法律が存在するのだということを改めて考える。僕は商売人なので、偏りがちな政治の話はしないことにしているけれど、前文の中にあ …

雨の神戸ポートタワー。

今から隣のビルで勉強会。

no image

お詫びと訂正 / エイプリルフールに愛された男。

Googleの検索結果に川柳が表示されるようになりました わたくし、このニュースを何の疑いもなく信じておりまして、本日に至るまで、あちこちで得意気に「Googleってすごいね」を吹聴しまくっておりまし …

no image

肺がんで苦しむ人が少なくなるように… 政策提案@民主党。

何も変わらないかもしれないけれど、何もせずには居られない。だから、提案してみました。 健康保険、国民健康保険制度の制度の統一をはかり、『国民一人につき一枚』の保険証(ICカード)を配布する。同時に、自 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly