川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳鑑賞

[川柳鑑賞]掬われるチャンスを待っている金魚/和泉香

投稿日:

掬われるチャンスを待っている金魚
和泉香
私信花吹雪

投資の世界に「ゼロサム」という言葉がある。誰かが得をした分だけ誰かが損をして、合計するとゼロになるという意味。

日常にも色々な喜怒哀楽があって、君が笑えば僕が悲しみ、彼が怒れば彼女は楽しそうにしているということはある。トータルで考えれば、感情はいつも真ん中の平均を通るようになっていて、ジョーカーのやってくるタイミング如何によって、その悲哀の色や深さは異なるのだろう。自衛するためには、そう、ピンチとチャンスは表裏一体であるという考え方を普段から心掛けておくことではあるのだけれど、落ちたときに見上げることは、なかなかに難しい。

いろんなことがあって、凹んで、そのあと、明確なwantを口にできるようになった一年だった。僕を刺すようであったナイフは、案外、停滞していた未来を拓くためのものであったのかもしれない。

Google

Google

-川柳鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

ふらんす堂から出版された益岡茱萸(ますおかぐみ)俳句句集「汽水」を発注した!

同じコピーライターである益岡茱萸(ますおかぐみ)さんの汽水(句集)を発注。 益岡茱萸さんは、コピーライターとして言葉を武器として広告業界を生き抜いてきた方だ。コピーは俳句とはちがう。どんなにすぐれたコ …

[川柳鑑賞]夕焼けに一番近いクレーン車/山口早苗

夕焼けに一番近いクレーン車 山口早苗 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 背中には夕焼けがいて、一日を終える頃に見上げるクレーン車が好き。動く気配はないけれど、汗をかいていたような雰囲気だけが残るその。今日は …

no image

【川柳鑑賞】空青い哀しいまでに白い鳥    河? 誠太郎

小僧さんから寄せていただいた川柳を、鑑賞させていただきました。 ===  空青い哀しいまでに白い鳥  街の川金魚一匹彷徨って 青と白のコントラスト、街の川を悠々と泳ぐ赤。 ほんとうは、そこに「広さ」と …

[川柳鑑賞]コーヒーの苦さ嬉しい時もあり/倉間しおり

コーヒーの苦さ嬉しい時もあり 倉間しおり かぐや―川柳少女の十五の夜 倉間しおりさんは15歳で句集を出版された川柳界注目の少女。「ゼロという数字に目鼻書いてみる」「枯れ枝は何を求めて手を空へ」「ひとり …

[川柳鑑賞]遠い日の転がって来るラムネ玉/長浜美籠

遠い日の転がって来るラムネ玉 長浜美籠 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 回顧する夏の日を象徴するのはラムネ瓶。舌に触れるビー玉を押し戻して汗になった分を補給した、あの駄菓子屋はもう、小奇麗な民家になってし …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly