川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

トルコアイス屋さんと歯医者さんに向かうとき、僕は勇気を必要とする

投稿日:2013年12月29日 更新日:

極度の人見知りで、「はじめまして」の一対一が苦手だ。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SFxTcuM22bk

特に苦手なのが、陽気なパフォーマンスを披露してくれるトルコアイス屋さんだ。「このパフォーマンスで、お客さんはみんな笑うんだ。ここで笑っていいんだぜ、坊や」 ― そんな得意な顔に気付くとき、ありがちなリアクションをして応えてあげなければならないと思う。意図するタイミングでナチュラルな笑顔を見せなければならないと思う。すると、とてもぎこちない笑い方になってしまう僕は、相手を傷付けたような気持ちになってしまって、アイスを奪い去るように、その場を立ち去りたくなる。

トルコアイス屋さんと対峙することは、僕にとって冒険なのだ。

同じくらいの勇気を求められて、僕はその扉を開いた。

こうやって懸案だったことを一つずつ片付けて、新しい一年に向かっていく。無痛治療を売りにする先生の腕前は見事で、僕はほんのりと頬を濡らす程度の涙をこぼすだけで済んだ。支払いを終えながら、そういえば、今年はトルコアイス屋さんに出会わなかったことを思い出していた。

Google

Google

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

no image

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。 そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、継続を放棄するようになってしまう。 だから、寄り添いたいと想う …

最近のカラオケの機械は。

リモコンもカラーですか!

二日酔いの朝は。

仕事モードに強制移行。

ベンチもいいね。

帰り道、抱っこしてくれのアピールを始めました。

no image

三日目の爪/土に水に光に。

添うて花にすることが目的であるのは、去年も今年も変わらない。土に水に光となることを、一つ一つの行動にリミットを決めて取り組む。「こなす」と「つくる」の役割の違い、「残したい、伝えたい」想いある人たちに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly