川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

交通安全ポスターと歯医者さんの診察券が、僕を先生嫌いにさせた

投稿日:

もうすぐ12月31日を迎えようとしているこのタイミング(12/30 23:20)でも、まだ、「謹賀新年」や「賀正」での検索流入が多い様子を眺めているのが楽しい。

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない | コトバノ

自分も典型的な8月31日人間だったが、交通安全ポスターに至っては9月1日の始業式直前に赤と黄と緑の●だけを描いて提出していた覚えがある。追い詰められたときに才能を発揮する人もいるらしいが、手抜きの信号ポスターに点るのは、いつも美術の先生の赤信号だけだった。

先生という存在に苦手意識があるのは、言われたことを守らず、いつも適当なことをして怒られてばかりいた記憶があるからだ。

12月29日に治療してもらった歯を、化膿止めものまず、ずっと舌で触れていた。案の定痛みを伴いだして、いまは(勝手な自分の判断で)2種類の痛み止めをチャンポンして何とか誤魔化している。若い熱心な先生の説明や忠告を無視した自分が腹立たしい。

もらったばかりの診察券をすでに紛失してしまったことも、年明け、治療に通うのを憂鬱にしている理由の一つではある。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

no image

毎日を見えるようにすれば、意識は変わる。

貯金は95kmまで増やすことが出来た。 雨の予報が多いこれからを、どんな風に乗りきっていけるかな。 毎日の目標を実現するのに、毎日を「記録する」って大事。 これだけやったんだな、と、振り返れば、明日へ …

no image

裁くのは法、償うのは本人、許すのは周囲、許してほしいのは僕たち

「また呼ばれるでしょうね、そのうちね」との有野の発言に加藤は、「ヤツが帰ってきたら、呼ばれるのかな」と相方・山本圭一を思わせる発言をした。 引用元:加藤浩次「アッコにおまかせ!」を降板した理由を聞かれ …

no image

指が触れると、頑固だった便秘が動き始めた。

癒しの求められる時代。 街を歩けばナンタラセラピーという看板の文字を良く見かけますが、どうもこれ、本当に休息の必要な人にとって、『敷居が高過ぎやしないか!?』という疑問が常々あったわけです。  カタカ …

no image

イレッサに反対する国会議員。

前衆議院議員で、今度の選挙にも出馬するIさんを見かけた。 Iさんは、隣の高校の出身。 Iさんも自分もそれぞれ同窓会の役員をしている関係で御挨拶をさせていただく程度のお付き合いは以前からあった。 自分の …

no image

優先順位があってこその「目立つ」生存戦略

大きなイベントをやり終えて乗る終電は、とても広く感じられて不思議。ほっとした。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年11月29日 今年は人前で「話す」「教える」「笑い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly