川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

交通安全ポスターと歯医者さんの診察券が、僕を先生嫌いにさせた

投稿日:

もうすぐ12月31日を迎えようとしているこのタイミング(12/30 23:20)でも、まだ、「謹賀新年」や「賀正」での検索流入が多い様子を眺めているのが楽しい。

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない | コトバノ

自分も典型的な8月31日人間だったが、交通安全ポスターに至っては9月1日の始業式直前に赤と黄と緑の●だけを描いて提出していた覚えがある。追い詰められたときに才能を発揮する人もいるらしいが、手抜きの信号ポスターに点るのは、いつも美術の先生の赤信号だけだった。

先生という存在に苦手意識があるのは、言われたことを守らず、いつも適当なことをして怒られてばかりいた記憶があるからだ。

12月29日に治療してもらった歯を、化膿止めものまず、ずっと舌で触れていた。案の定痛みを伴いだして、いまは(勝手な自分の判断で)2種類の痛み止めをチャンポンして何とか誤魔化している。若い熱心な先生の説明や忠告を無視した自分が腹立たしい。

もらったばかりの診察券をすでに紛失してしまったことも、年明け、治療に通うのを憂鬱にしている理由の一つではある。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

立呑処だったんだろうけれど。

お客さんが減ってしまったから?お客さんからリクエストが多いから? 椅子のある立ち呑み屋さんて、なんか好きだ。 @神戸駅前

no image

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表、特選に選んでいただきました

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表。 印象吟、高瀬霜石さんの選で自句を特選で抜いていただいた。これから先、鰹さんの名前がどこかで思い出され、誰かが検索する。都度、この追悼句会のページが検索の上位に表示さ …

明石市民のおやつ、堂島ロール。

魚の棚の喫茶店にて。 本物なのかな?柔らかくて美味しいです。

ふあうすと川柳社で選者を務めること、同友会で報告をすること、同友会でマイクパフォーマンスをして暴れること

ふあうすと川柳社は、昭和4年に神戸に誕生した川柳結社。川柳六大家と呼ばれるうちの一人、椙元紋太によって結社された。前川企画印刷でふあうすと誌の編集と印刷を担っている関係で、同人の一人として参加するよう …

若き情熱に触れて。

素敵なお芝居、ありがとでした@関西大学

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly