川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

咲き方のそれぞれ、咲く向きのそれぞれ ~Give&Giveの繰り返しを

投稿日:2014年3月28日 更新日:

春が綻び始める。

sakura

満ちて咲く様子も好きだけれど、こんな咲き方をする桜も愛おしい。咲き方はそれぞれ、咲く向きもそれぞれ。同じ公園にあって、ほんの数メートル違うだけでも開花状況はまるで異なる。「さくら」という分類で「おなじ場所」にいても、房のひとつひとつは違う顔をして春を伝える。人間も人それぞれ。相手に対してこれくらいしてあげたのに、という気持ちが勝って、惨めになってしまうのも勿体ない。花は見てもらおうと思って咲くんじゃない、春が来て当たり前に咲くだけの運命。得るために与えるのではなく、与えて、与えて、与え続ける、そんな器と生き方を桜のように

消費税増税を前に、作業が遅れていた経理をやり終えた。会計と請求書のソフトも増税に対応したものに入れ替え完了。3%の差が気にならないほどの付加価値とは何か。それが抽象的な言葉に終わるのではなく、損益計算書のどの部分に貢献していくことができるのか、論理的に表現できるスキルをチームのなかで養っていきたい。

Google

Google

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

あがったりさがったり。

今朝から風邪ひきさん。 熱が上がったり下がったりしています。だるい…

大阪工業大学にて。

人生をやり直そうとおもって、再受験してきます。 嘘です。

no image

秋に誘われ、心の涙を止めたい夜は。

「動機」「陰の季節」「クライマーズ・ハイ」と読破。 貪るように本を読むことに没頭しています。横山秀夫さんは、上手に「人の陰」を書かれる方だなぁ、と。 すぐ背後から「これはお前のことだよ」と、そう囁かれ …

レガッタ。

沈没の予感。

そして誰もいなくなった。

深夜の山陽電車のミステリー。 寝転び放題。 いびきかき放題。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly