川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

願望

京都・北白川のガケ書房さんに行ってみたいと思った! ~欲しいものに出逢えるまでの物語

投稿日:

お店で手に取って触れてみる、体験してみる。そしてネット通販で購入するという、リアル店舗がショールーム化しているという話をよく耳にする。

僕は、その商品(サービス)の存在に気付かせてくれたのはどこかという基準でモノを買うお店を選ぶようにしている。訪れた電器屋さんでシェーバーが欲しいと思ったらそこで購入するし、ネット上のお店で口内の汚れが目に見える洗口液プロポリンスという商品に魅力を感じたらぽちっと購入ボタンを押す。出逢った場所、買いたいという気持ちにさせてくれたかどうかを重視。シンプル。

安いところで買うという考え方は消費者の立場として当然なんだろうけれど、商品に辿り付くまでの物語にも商売人の知恵と工夫にも敬意を表したい。そういう考え方。

京都・北白川のガケ書房さんに行ってみたいと思った!

ginkaku

ジャンル問わず並ぶ本棚のフシギ 京都・北白川のガケ書房ってどんな本屋さん? – ガジェット通信

この記事を読んで、京都のガケ書房さんを訪れてみたいと思った。

「究極の普通の本屋」というガケ書房。一般の書店との最大の相違点といえるのが、ほとんどの棚で本の表紙が見えるように陳列されていること。山下さんは「棚差しだとほとんどの本が気づかれることなく終わってしまう。点数は限られますが、このように並べることによって手に取ってもらいやすくなります」と意図を説明します。

究極の面倒臭がりなので、棚差しの本を探すということを僕はしない。だから「話題の本」「新刊書」「読んでほしい本」など、並べ方やPOPにお店独自の工夫があって僕をソノ気にさせてくれる本屋さんのことを愛してやまない。この本屋さんのこのコーナーがなければ、僕は一生、その内容についても作者の存在についても知ることがないままだったのかと思うとゾッとする。一期一会とは、人とのことばかりをいうのではない。

写真集や絵本の隣に、なぜか『ドラえもん』のふろくが…。「なぜ?」と思わせることにより、本だけでなく棚自体にも関心が向いてしまいます。

AIDMAの法則なんて言葉にもある通り、商売はその気にさせてなんぼである。たとえばうちは印刷会社で名刺の制作もするのだけれど、二つ折りの名刺は基本的には推奨していない。二つ折り名刺は情報量が増えすぎて、受け取った相手は読めばわかってしまうからである。空白や行間、相手が聞きたいと思う要素をあえて残しておくことで、会話が生まれる。結果として印象に残してもらうという自分に興味関心を向けてもらうという名刺本来の目的を重視しているわけだ。

そしてその「会話が生まれることの重要性」を伝えるために、僕は自分の名刺に相手から質問をしてもらえるような工夫を施してあるし、その名刺交換のプロセスを経て、自分たちの行っている仕事に興味を持ってもらえるように努めている。自分自身が商品で、自分自身のやり方が「論より証拠」であるということ。

ガケ書房さんの実践されている「なぜ?」と思わせる仕組みは、陳列の工夫がまさに無言のままに会話を生み出しているわけで、僕をどんな気持ちにさせてくれるのだろうと想像するだけでワクワクする。

京都ガケ書房さんへのアクセス

京都市左京区北白川下別当町33、京都市バス「銀閣寺道」より徒歩5分の場所に位置する。


大きな地図で見る

お店の外観も面白そう。その他、ガケ書房 – 京都で暮らそうではお店の雰囲気などもよく伝わってくる。

Google

Google

-願望
-,

執筆者:

関連記事

作曲の世界に飛び込む機会をくれたSC-88ProがiOSアプリとなって復活した

RolandからSOUND Canvas for iOSが登場した。  1990年代にDTM用の定番音源として普及したローランドの「SOUND Canvas」シリーズをiOSのソフトウェア音源アプリと …

電卓好きにはたまらない!教科書通りの式入力と表計算機能がついた関数電卓カシオのFX-JP900-Nが登場!

カシオの関数電卓FX-JP900-Nが発表された。 ホームセンターや文具店を訪れると、必ず電卓コーナーを眺めてしまう。商売をやっていた父はいつも家に伝票や帳簿を持ち帰っていて、部屋のあちこちに様々な形 …

ミニ四駆のくまモンバージョンは頑張る大人が少年に帰るための、最高の癒しアイテム

ミニ四駆は夢中になって遊んだ玩具のひとつ。 ハイパーモーターだ、スポンジタイヤだ、軽量化だなんだと、まだインターネットの存在しない時代、限られた情報のなかから少しでも車を速く走らせる噂話を聞きつけては …

no image

[観たい]精肉店を営む家族を映すドキュメンタリー映画「ある精肉店の話」

精肉店を営む家族を映すドキュメンタリー映画。 自ら育てた牛を処理して販売する精肉店の物語。被差別部落出身として差別を受けながらも牛の命と誠実に向き合ってきた日常を描く。 どこかの学校では、給食費を払っ …

no image

[行きたい]阪神淡路大震災を詠んだ短歌と書の個展/野原神川さん(神戸市東灘区)

震災詠んだ短歌を書に 東灘の野原さん、来月個展 : 兵庫 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 阪神淡路大震災から18年が経って、それを経験していない若者たちと話す感覚は、なるほどこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly