川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書 雑記

福島第一原子力発電所で働く人たち「いちえふ」を読んだ/「書き出す」作業の効用について

投稿日:

東日本大震災後の福島第一原子力発電所で働く人たちの様子を伝える漫画いちえふ福島第一原子力発電所労働記(1)を読んだ。

何が正しくて誤っているのかはわからない。ただ、情報を鵜呑みにして組み合わされたパズルには、傷付く人たちがいるということを知らなければならないと思った。いわゆる「福島の真実」を伝える本ではなく、淡々とリアルを教えてくれる内容。主張ではない単なる事実の描写が、バイアスのかかった僕の先入観を削いでくれた。事実は現場にあって、無責任な声を外から放り投げてはいけない。そういえば、新型インフルエンザが神戸で流行し始めたとき、僕たちは偏見の先に置かれたのだった。

書き出す作業の効用について

ここ数か月の傾向として、自分で詠んだ句や歌に「月末」をテーマにしたものが多いことに気が付く。父を亡くしたときは悲に満ちた言葉を連ねたし、耐え難い孤独に襲われていたときは寂の溢れる心を吐き続けた。つまり、いま、僕は仕事のことでずっと苦しみ続けている。

積み上げた信用は、砂の城。貯金だとすれば、一瞬で取り崩してしまい、マイナスから再度積み上げていくことになる。もちろん、再度挑戦するチャンスを与えられることの方が稀ではあるのだけれど。

外を見ることに重きをおけば、内が崩れる。内を見ている時間に外に出られなければ、数字に苦しむ。自分ばかりが先に立てば、組織は強くならない。組織であることを意識しすぎると、危機感の違いにもどかしさを覚える。

と、そんな風に書き出してみると、すべては自分のバランス感覚の問題なのだなと気付かされる。

行動だけが結果を変えるのであり、その一歩目で足踏みをしてしまいそうなとき、書き出すことがモヤモヤを吹き飛ばしてくれる。模造紙の上に座って、自分の周囲をペンで書き込んでいく、付箋を貼り付けていく。

想像したら、高鳴る。

そんな人たちと一緒に、時間を共有できたら面白いと思ったのだけれど、どうだろう。

Google

Google

-読書, 雑記
-, , ,

執筆者:

関連記事

結果発表! 小倉山荘ありがとう百人一首大賞母の日、大賞受賞

先日書いた短歌の大賞受賞が、正式に発表されていた。改めて名前が出ているのを見ると嬉しい。入賞作品はリンク先にて。 小倉山荘|ありがとう百人一首大賞 母の日 母の誕生日は5月14日で、毎年いつも母の日と …

no image

大阪、神戸、明石で遊ぼ。

立て続けに(←暇)。 えぶりばで。ばたさんは、8月22日くらいまで、ちょっと多忙です。立て続けに更新し、「暇」、と自分で言ってるくせに多忙。 うん、自分基準の多忙だから、まぁ気にすんな。 でね。8月2 …

KOBEドリンク。

売店からの差し入れ。 もらいっぱなしです。

no image

正義を決めるということは悪を決めるということ

社長業を10年やってきた人が経験した嫌だったことを、ランキング形式で語っている。 社員20人ぐらいの零細企業ずっとやってたけどもう疲れた 引用元:社長業10年やって嫌だった事ランキング:キニ速 気持ち …

神戸元町商店街にある弟の店、CHILDREN WILLにて

神戸元町CHILDREN WILLは弟のやっているお店。 いつかそのうち、唇が西端だらけになるんじゃないかと心配になった。いかにも西端家クオリティ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly