川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ASKAさんの逮捕という事実を受けて、色褪せることのないものを想う

投稿日:

[短歌]立つ鳥の濁した水は透明な宝箱まで凍らせていく | 短歌と川柳とマカロニと

嫌なことがあれば詩に書いて心を静めてきたし、ピアノに感情をぶつけては負のエネルギーを曲に昇華させてきた。

そんな風な僕の礎にあるのは、やっぱりASKAさんやCHAGEさんの詞とメロディで、ふたりとの出逢いがなければ書くことを生業には出来なかっただろう。逮捕という重い事実はふたりの、そして僕の歴史にも黒い影を落としたことは間違いない。ただ、それによってこれまでの楽曲が色褪せることはないし、これからの価値が変わることもない。

しばらく、また、静寂の向こう側に在るふたりのことを想いながら、僕の毎日は彼らの楽曲で満たされていく。20年以上も変わることのなかった習慣は、これまで以上に終わらせない未来に愛されていく。詳細のまだわからない今の段階で、らしく、自分があるために決めたのはそのことだけ。それが信じることの具体的な行動なんだと思ってる。

見果てぬ夢を見てるだけだと人は笑うだろう

それでも
前だけを見据えて

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

no image

祝日とゴミの日と台風の重なった朝はとても優しい

祝日とゴミの日が重なった朝は、ゴミステーションに集まる量がいつもより少ない。夜のうちにゴミを出すのでもなく、ただ、朝を出遅れて過ごす人たちののんびりを想像するのは楽しい。 祝日とゴミの日と、そして台風 …

2億円を買いました。

大化けする予定です。

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

no image

明石市民のソウルフード江洋軒

江洋軒は食べたし、パパたこには会えたし。明石だなぁって。 pic.twitter.com/wfxRpIPTxQ — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月5日 昔は30 …

no image

たった一つの取柄のために、たった三日で落とした僕の視力

保証期間ぎりぎりに、自宅のメンテナンスに来ていただく。 職人さんは格好良くて、動きをぼーっと眺めてしまった。自分は手に職がないので、カタチあるものを生み出せる人たちのことを心から尊敬する。 中学生のこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly