川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ASKAさんの逮捕という事実を受けて、色褪せることのないものを想う

投稿日:

[短歌]立つ鳥の濁した水は透明な宝箱まで凍らせていく | 短歌と川柳とマカロニと

嫌なことがあれば詩に書いて心を静めてきたし、ピアノに感情をぶつけては負のエネルギーを曲に昇華させてきた。

そんな風な僕の礎にあるのは、やっぱりASKAさんやCHAGEさんの詞とメロディで、ふたりとの出逢いがなければ書くことを生業には出来なかっただろう。逮捕という重い事実はふたりの、そして僕の歴史にも黒い影を落としたことは間違いない。ただ、それによってこれまでの楽曲が色褪せることはないし、これからの価値が変わることもない。

しばらく、また、静寂の向こう側に在るふたりのことを想いながら、僕の毎日は彼らの楽曲で満たされていく。20年以上も変わることのなかった習慣は、これまで以上に終わらせない未来に愛されていく。詳細のまだわからない今の段階で、らしく、自分があるために決めたのはそのことだけ。それが信じることの具体的な行動なんだと思ってる。

見果てぬ夢を見てるだけだと人は笑うだろう

それでも
前だけを見据えて

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

川柳・句入り焼酎。

「年金の夢を見ている青畳」 焼酎瓶に自分の川柳を入れて焼いていただきました。プレゼントしてくださったNさんに感謝。 これは一生ものの宝物ですね。 ちなみに、背面には「ばた」と名前も入れてもらいました( …

no image

勇気のストーリーにしたい、闘病記。

週末、お客さんであるお医者さんに食事に誘われる。 本来こちらが接待する立場であるに関わらず、遠慮なくおごられてしまう自分、そして、そう甘えきってる自分も大好き。可愛がられるということも一つの技術だよ。 …

no image

電話で終わらせてしまった10年以上の時間 ~想うのも勇気、背けないのも勇気

ピアノのレッスンに20年以上通い続けた。 そのうちの半分以上はずっと同じ先生に師事していたのに、大学生になるころはもう、レッスンもさぼりがちになってしまい、最後には「音楽の方向性が違ってきたので」とい …

線の上の太陽、明石の伝える昼休み。

山陽電車、人丸前駅。日本標準時、東経135度の子午線が通る駅。 太陽を、まっすぐ頭の上に見上げる頃が、日本全国、お昼ご飯。 僕は、やっぱり、この街が好きだから、きっと、やっぱり、忘れられないんだろう、 …

青田に揺れて。

神出での打ち合わせ終了。 家族の優しさに満ちた、素敵な句集作りをお手伝いします。早く完成させて、喜び顔の輪の中に入りたいですねー。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly