川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ASKAさんの逮捕という事実を受けて、色褪せることのないものを想う

投稿日:

[短歌]立つ鳥の濁した水は透明な宝箱まで凍らせていく | 短歌と川柳とマカロニと

嫌なことがあれば詩に書いて心を静めてきたし、ピアノに感情をぶつけては負のエネルギーを曲に昇華させてきた。

そんな風な僕の礎にあるのは、やっぱりASKAさんやCHAGEさんの詞とメロディで、ふたりとの出逢いがなければ書くことを生業には出来なかっただろう。逮捕という重い事実はふたりの、そして僕の歴史にも黒い影を落としたことは間違いない。ただ、それによってこれまでの楽曲が色褪せることはないし、これからの価値が変わることもない。

しばらく、また、静寂の向こう側に在るふたりのことを想いながら、僕の毎日は彼らの楽曲で満たされていく。20年以上も変わることのなかった習慣は、これまで以上に終わらせない未来に愛されていく。詳細のまだわからない今の段階で、らしく、自分があるために決めたのはそのことだけ。それが信じることの具体的な行動なんだと思ってる。

見果てぬ夢を見てるだけだと人は笑うだろう

それでも
前だけを見据えて

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

南朱雀洞。

歩き疲れました…

始発と終着。

@西明石駅。 今から行く人も帰る人も。そして僕は、今から修羅場へと(涙)

33歳ガン漂流(奥山貴宏)。

夢中で読んでいます。 ページをめくるたび、日付がすすむたび、砂時計のカウントダウンの切なさに襲われます。

no image

ときどき人を刺している。

「女性は子供を産む機械」  「辞めろ」 ならば。 「子供作ったらいいじゃないですか?」 「お子さんまだですか?」 とて。 他人を傷付けるという意味では同じこと。 いろんなモノサシ、いろんな全力疾走。 …

no image

それで僕の字はこんなにも楽しく踊ろうとしているのだな

同友会のIさんのお見舞いと、祖母のお見舞いと。 顔見知った人たちとは、やっぱりいつもの居場所で会いたいなぁと思う。穏やかな空気が流れているようで、会話はどこか、核心に触れずとも感じとろうとする言葉の連 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly