川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自信と謙虚の紙一重

投稿日:

知識も理屈も何もない時代に、夜は必ず明けると言い切った誰かの勇気は如何ほどのものであっただろう。「かならず」を声にした瞬間、いつもなら朝の白さが広がり始める方向に、どれだけの不安と祈りを向けたのだろう。

続く失敗に謙虚になれたか

経験を積んで、次に踏み出す先もきっとうまくいくのだろうと思える人たちの、万が一を案じて謙虚になる、そんな姿勢に気付かされることは多い。

伸びてしまったバネに、これまでの歯車が噛み合わなくなる。そんな時はいつも、僕の慢心が何処かにある。

鏡に映る自分の頬に答えが書いてあるわけではない。横にいた人の背、横にいてくれようとする人の声、配慮に満ちた表現に触れて、ようやく、ようやくの至り。そうか、もう、遠くの記憶になってしまったあの一言も実はそうだったんだなと、飛び起きるようにして気付くこともある。

過去に手を伸ばして、過去に頭を下げて、過去に卑屈になってしまうこともなんだか。とはいえ、若かったから、未熟だったからとそれを許されようとしてしまうのも違う気がする。

危なっかしい立ち方をたくさんの人に受け入れられてきた、そんなこれまで。感謝や責任、そして当たり前と恥という言葉たちがぐるぐると回って、息を吸うたび、ザラザラとした肺の内側を確かめているような気持ちになる。

Google

Google

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

刻むことばかりの幸せ。

火曜日、抗がん剤治療開始。治療のリスクに見合う効果を祈る。 「犬が笑う」という感覚は飼い主でなければ理解出来ないかもしれない。年を重ねて、じゅにあも難しい顔をすることが多くなった。今は「わがまま」とい …

社会保険料納入通知書。

毎月、必ず破いてしまいます。いつになったら上手に開けられる?29才。

no image

会話の主導権、相手の心に先回りして触れるということ

「春は花」「春の花」「春も花」。春は、春の、と書いたとき、読み手に浮かぶ季節は春のみですが、「春も」と書いたときは、春以外の季節も並列してしまいますね。桜や梅を思い浮かべる「春は花」という表現に比べて …

no image

クリームソーダと車いす。

起きたら12時で驚いた。 父親に貸してやりたくて、本を急いで読む。病院に着くと、父は、ベッドに腰掛ける形で夢の中にいた。 痛そうでも、苦しそうでもなく、子供のように春に照らされていた。 地下の茶店で、 …

生野銀山。

坑道は寒いっ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly