川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

理論は感性と感覚の統計学 〜ビジネスと商売の違い

投稿日:

理論の伴わない感性や感覚は曖昧で、ビジネスの世界では通用しないと言う人がいる。ところが、僕たちの生きる世界は商売人の間合いが求められるところで、教科書を引用したような言葉には嫌悪感を示す人も多い。

理論のほとんどは、理論があって存在するのではなく、先人たちの残してきた感性や感覚の統計学だ。感性で仕事をする人を蔑むことは、理論の土台にある大衆の感覚をも否定することになりかねない。

自分を売りたい、自分の絶対性を認められたいと他を攻撃する、他を蔑む。そんな姿勢にひとは違和感を覚え、その人との関わりはもちろん、その人の周囲とも距離を置こうとする。

架け橋になるべき存在が、その糸を断つような振る舞いをしてはならないし、自分の中心を抜けて、人が人と繋がっていく感覚を抱き続ける必要がある。自らの選る言葉やコミュニケーションに人間性が表れ、伝えたいものが伝わっていくという想像力がなければ、広告業界のみならず、商売をしていくことは難しいのではないか。

事業をしていくことは楽ではない。けれど、結果という目先を急いで周囲の価値を下落させているようなことがないか。鏡に映る己をしゃんと見直していきたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

活発な意見交換が行われ、効果の出る会議の進め方

会議は何らかのアクションが決められる場。読んでわかることであれば紙に纏めておき、賛否や問題点を含めた活発な議論が行われるように予め仮説を作って臨む。もっとも、事前のストーリーがあまりに強固でも予定調和 …

no image

明日出逢える天使のボーイソプラノ。

気分転換の柿狩りで、ぐぐっと体調は回復した模様。 まだ少しの咳と、喉の嗄れ。扁桃腺は痛々しくも腫れたまんまだけれど、夜になっても、熱は上がらず。 もうちょっと静養すれば、ジョギングも再開出来るかなー。 …

no image

100年に1度の増収増益。

決算用の書類がほぼ、出来上がってきました。 100年に1度の不況という言葉を聞いたときから、何がなんでも達成したかった「増収増益」という響き。 理想通りの結果を残すことが出来て、満足しています。  自 …

この帽子をかぶって。

寒空に2時間ご案内係。今日は冷えすぎる川柳の予感です。 ふれあいの祭典@明石市民会館

no image

僕を成長させてくれる、温かな人たちとの。

 「感染りそうだから、すぐ帰るわー」  「電話で良かった。その声ひどすぎ、行ってたら一発でアウトだったな」 来るお客さん、電話でかかってくるお客さん、異口同音に同じことをおっしゃる。 ちょっとした森進 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly