川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

理論は感性と感覚の統計学 〜ビジネスと商売の違い

投稿日:

理論の伴わない感性や感覚は曖昧で、ビジネスの世界では通用しないと言う人がいる。ところが、僕たちの生きる世界は商売人の間合いが求められるところで、教科書を引用したような言葉には嫌悪感を示す人も多い。

理論のほとんどは、理論があって存在するのではなく、先人たちの残してきた感性や感覚の統計学だ。感性で仕事をする人を蔑むことは、理論の土台にある大衆の感覚をも否定することになりかねない。

自分を売りたい、自分の絶対性を認められたいと他を攻撃する、他を蔑む。そんな姿勢にひとは違和感を覚え、その人との関わりはもちろん、その人の周囲とも距離を置こうとする。

架け橋になるべき存在が、その糸を断つような振る舞いをしてはならないし、自分の中心を抜けて、人が人と繋がっていく感覚を抱き続ける必要がある。自らの選る言葉やコミュニケーションに人間性が表れ、伝えたいものが伝わっていくという想像力がなければ、広告業界のみならず、商売をしていくことは難しいのではないか。

事業をしていくことは楽ではない。けれど、結果という目先を急いで周囲の価値を下落させているようなことがないか。鏡に映る己をしゃんと見直していきたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

祝日とゴミの日と台風の重なった朝はとても優しい

祝日とゴミの日が重なった朝は、ゴミステーションに集まる量がいつもより少ない。夜のうちにゴミを出すのでもなく、ただ、朝を出遅れて過ごす人たちののんびりを想像するのは楽しい。 祝日とゴミの日と、そして台風 …

捨てる勇気とその先と ~ いつかうなずくまで。

お客さんを決めていくことの重要性を、いつも説いている。 あの仕事も、こんな仕事も、あのお客さんも、このお客さんもという構え方は、広さのトレードオフとして深さ(専門性/得意)を失ってしまうことになるから …

ワインに酔わせてみる心。

昔勤めた会社の上司、Sさんに夕食に誘っていただきました。 「和食系、中華系、西洋系、ワイン系、何がいい?」 こんな聞き方の出来る格好いい男になってみたいものです。後学のため、「ワイン系」をリクエストし …

no image

岡山空港の離発着を眺めつつ。

1月4日金曜日、昼から。 大学時代の友人Sと、その奥さんがやってくる。パソコンと液晶テレビの購入相談。 晩飯は例によって焼肉。 焼肉といえば、ほぼ、間違いなく奴とだなぁ。 1月5日土曜日&日曜日。 朝 …

お笑い芸人又吉さんの小説をご褒美にして1月から2月へ ~文學界 2015年 2月号

1月の初めにお会いしていた人たちのことを思いだしてみた。ずいぶん昔のことのようであるのに、まだ「今月」という括りのなかにあることに驚く。ピアノを弾いたり会の作り込みを仲間たちと取り組んだり、仕事では新 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly