川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳 雑記

選び方も個性。僕には僕の心の色がある ~ふあうすと川柳句会の選者

投稿日:

人前に立つことは好き。

1をnの人に伝えられて効率がいいし、相手の顔色に意識を向ける必要もない。緊張して当然という環境なので、ある程度の失敗は許容されるという空気もある。前で話をするだけで一定の評価をしていただける。チャンスのあるたび、有り難いことだと思う。

ところが。

川柳句会の選者は、当日匿名で投句された何百かの句の中から1時間で天地人佳作の順位を決めて選び出さなければならない。周囲は人生の先輩方ばかり。川柳歴も自分より長い方ばかりであるのに、「選ばない」という作業を行うことは本当にプレッシャーがかかって胃が痛くなる。半年以上も前から決まっていたことではあるけれど、ここ数ヶ月、その場を想像しては何度も逃げ出したい気持ちに支配されることが続いた。

「川柳は人である」と言ったのはふあうすと創立者の椙元紋太師。句の数だけ人があって想いがあるものを、選者のフィルターを通過することによって没にも作品にもなっていく。誰かの人生を否定することにさえなりかねず、選の方法にはいつも議論があるところだが、さて、僕を通り抜けていった作品たちにはどんな批評が集まることだろう。

選び方も個性。僕には僕の心の色がある。重なるものも、対極にあるものも、アンテナに留まった順に会場で読み上げることになる。題は「花火」。何色が上がって、どんな景色の余韻に浸ることができるか。緊張を覚えつつ、一週間先の自分のデビューを想像して心を整えているところ。

Google

Google

-川柳, 雑記

執筆者:

関連記事

no image

かつての漫才の夢、いつかのピアノの懐古

かつて漫才コンビを組んでいた相方にライブの報告をすると「その前座でネタを披露せーへんか?」と返信があった。冷たい風を浴びたあとにピアノを演奏する勇気は、今の自分にはない。 ▼ 今日の午後は芦屋の駅前で …

no image

肺がん ~ドセタキセル(タキソテール)での治療、脳への再転移判明。

月曜日の検査で、脳に再び転移していることがわかった。 一箇所、本当に小さなものなので、当面はドセタキセル(タキソテール)での治療を行い、落ち着いたら再びγナイフ(ガンマナイフ)での治療を検討するとのこ …

no image

空っぽを満たしてくれる今日に。

帰宅して、そのまま床で寝ていた。 目が覚めて、深夜3時前。少しだけこれを書いて、ちゃんと寝なおさないと。 新家完司さんの句集「平成二十年」届く。 川柳マガジン誌上で連載されている「理論と実践」が大変わ …

no image

ふわっと

「西端さんのあんな感じの文章でお願いしたいんですよ」 「どんな感じ?」 「そうですね、ふわっとした感じの」 「ぐわっと?」 「いえ、ふわっと」 「しゅわっと?」 「ちゃんと考えてくれてます?」 「だか …

お呼ばれサポート。

パソコンたちのお医者さん(何でも屋)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly