川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

過ぎてしまえば、夏は切ない。過ぎる前には、夏は重たい。

投稿日:

見上げれば梅雨の空、見通しは台風の襲来。

それでもセミは待ちきれず、もう、明石公園で夏の始まりを告げていた。

真っ暗な土の世界にいて、我慢強くエネルギーを蓄えてる。いくつかの季節を数えて、身体が夏の空に呼応する日を待っている。

「頃合いだ」

を、誤らない、その神秘には毎年驚かされるばかり。先頭を切った彼に、仲間たちはいつ続くのだろう。

過ぎてしまえば、夏は切ない。
過ぎる前には、夏は重たい。

夏を謳歌する鳴き声、決めるのは自分の心。悲しくて泣くのも、嬉しくて泣くのも。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

教えられたように教えているときに気がつくこと

教えられたように教えているとき、あの人もこんな風な想いで僕に接してくれていたのだな、至らぬ僕をこんなにも我慢してくれていたのだな、繰り返してしまう僕をこんなにも許してくれていたのだな、と気がつくように …

ハバタンと営業中。

@丹波市柏原町

今日も産卵。

コリドラス、帰宅したらまた産んでました。 ほぼ毎週頑張ってくれてます。 水槽、増やしたいなぁ…。

こんな家で暮らしてました。

埃たちはすくすく成長して。

no image

突然の訃報、空っぽの風が吹き抜けて。

朝一番でこぶたさんの訃報。 40歳、若すぎる旅立ち。ほんとに心の優しい素敵な方だった。 肺がんという重い病気を患いながらも、決して、後ろ向きにはならず、同じ境遇の人たちに、「がんばれ」とエールを、「が …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)