川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「あの人に頼んだら簡単にやってくれるから」にある、見えない幾年

投稿日:2014年7月21日 更新日:

「仕事の価値も分からずに無料でやらせるんじゃないよ」と憤っている人を見ると、それは価値をちゃんと伝えられていないあなたにも原因があるのではないかと思う。一方で「あの人に頼んだら簡単にやってくれるから」と言っている人を見ても、この人はあの人の簡単に出来るようになったまでの時間的な価値を想像しようとしないんだろうか、という気持ちになってしまう。

結局、誰がそれを言っているかということに左右される僕はまだ、好き嫌いの線の向こうとこちら側で価値を判断しているということなんだろう。都合良く線を跨いで、それっぽく論にして、自我を確立したような顔をしてる。

「これもきっとご縁」と自分に言い聞かせて頼まれごとを受け入れていたAさんに、僕は何も救いのアクションを起こすことが出来なかった。ここで声に出せば、ジョーカーは違う誰かに向けられていく。ならば、このなかで一番処理の速そうなAさんにお願いすることが妥当なように思われた。合理的な考え方、卑怯だったのは僕だ。

「仕事としてお願いするのなら、予算を組みませんか?」という一言を声に出せなかったことをとても後悔している。Aさんは笑顔で「どんな風に作り込んでいきましょうか?」と皆に話しかけていたから、この傷は余計に深い。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

明石市民のおやつ、堂島ロール。

魚の棚の喫茶店にて。 本物なのかな?柔らかくて美味しいです。

水は聞こえた、風は見えた ― 兵庫県三木市の癒しの画廊喫茶とらうべん

株式会社ダハイムさんに打ち合わせでお邪魔してきました。 打ち合わせの内容は、まぁちょっと面白い雑誌を作りましょうか、ということになっていて、 (リアルに)声の聞こえる誌面を予定してたりする・・・わけで …

no image

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。 12月にお会いしたときは、癌が全身に転移しているとは思えないくらいの食欲と笑顔で、僕たちを和ませてくれたのに、年が明けてから病状は一転。「今度は飲みに …

no image

月の裏側にて。

満月の裏側に何かがあるとしても、満月を見上げる人たちにそんな想像を迫るほうが無理がある。価値観や考え方の多様性は許容するべきだし、いまは自分の旗を振ることはしない。ただ、自分も同様に尊重されることだけ …

ビアノ演奏会と雪だるま。

@岡本。 楽しんでまいりました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly