川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「あの人に頼んだら簡単にやってくれるから」にある、見えない幾年

投稿日:2014年7月21日 更新日:

「仕事の価値も分からずに無料でやらせるんじゃないよ」と憤っている人を見ると、それは価値をちゃんと伝えられていないあなたにも原因があるのではないかと思う。一方で「あの人に頼んだら簡単にやってくれるから」と言っている人を見ても、この人はあの人の簡単に出来るようになったまでの時間的な価値を想像しようとしないんだろうか、という気持ちになってしまう。

結局、誰がそれを言っているかということに左右される僕はまだ、好き嫌いの線の向こうとこちら側で価値を判断しているということなんだろう。都合良く線を跨いで、それっぽく論にして、自我を確立したような顔をしてる。

「これもきっとご縁」と自分に言い聞かせて頼まれごとを受け入れていたAさんに、僕は何も救いのアクションを起こすことが出来なかった。ここで声に出せば、ジョーカーは違う誰かに向けられていく。ならば、このなかで一番処理の速そうなAさんにお願いすることが妥当なように思われた。合理的な考え方、卑怯だったのは僕だ。

「仕事としてお願いするのなら、予算を組みませんか?」という一言を声に出せなかったことをとても後悔している。Aさんは笑顔で「どんな風に作り込んでいきましょうか?」と皆に話しかけていたから、この傷は余計に深い。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

制服姿の彼女。

来なかったんだね。 ずっと、ずっと待ってたのに…。信じてた。きっと来てくれるって、そう信じてた。 制服姿で、いつものように手にはおにぎりを持って。 空虚だよとっても。空腹だよほんとは。 ファミマの制服 …

no image

ゴールデンウィークとて。

4月30日、月曜日。 一日、ぼけーっと暇してる予定なので、遊んでいただけるかた、募集中です。 いなけりゃ熱帯魚屋さんパトロールいってきまーす(笑)

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

サウナ代わりにひと汗かきに。

@明石海峡大橋 昨日は帰宅が遅くてジョギング出来ませんでした。昨日の分まで汗が欲しくて走ってまいりましたが… 真夏のアスファルトに、身体も心も溶かされています。 帰れるんやろか。

福岡「らんびき」。

写真では違いが…(^^; おまけで地鶏炭火焼きをフレームイン。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly