川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 雑記

ばたこさん、暑くても熱くなった。泣いた。

投稿日:

暑がり、汗かき、ばたこさん。

この暑い七月、プレッシャーのかかるイベントが三つも続いた。仕事でも大きなピンチに直面した。それでも、会社のメンバーやお客さん、友人たちの理解と協力のおかげで、三つの壁を乗り越えることができた。ちゃんと、自分の経験値にすることができた。

特に7月24日の同友会青年部キックオフ会でのマイクパフォーマンスは、様々な立場の人たちがいるなかで盛り上げや時間のコントロールなどが求められたが、人前で気持ち良く話をさせてくれる仲間や先輩たちの寛大な理解によって納得のいくトークを(誰よりも自分自身が)楽しむことができた。チャンスをいただいた皆さんに、そしてお集まりいただいた方々に心から感謝したい。

誰が主役かを考えたり、誰を漢にしたいか己の意思で動いたり。そういうチームワークって嫌いじゃない。組織は「動け」だけでは動かない。論は経験の蓄積から生じたもの。そして人の想いは熱意と重なって伝わるということ。そんな基本的なことを改めて学ぶことができて、本当に良かった。

ただ、ただ、感謝の七月。

Google

Google

-同友会, 雑記

執筆者:

関連記事

川柳ふあうすと。

うちの会社で毎月制作、印刷させていただいています。 連休明け、明日8日からは6月号の制作に取り掛かります。

no image

微風、なれど、追い風。

新年度。 リーダーとしての考え方を改めて伝えた、感情も添えて。「寂しい」という言葉を、ちゃんと心に留めてくれたと信じる。弱る体力、落ちていく感性。それらの対策として「型を作ろう」ということは以前から伝 …

no image

TomさんとAyameさんに心からエールを送りたい。

32歳で肺がんを告げられたAyameさん、それを支える夫のTomさん。Casa Esperanza、「希望の家」。 いま、お二人の闘いは一つの区切りを迎えようとしている。 死期が近いということを悲観的 …

no image

自分の知識や表現力が役に立つのなら喜んで動く

知らなければ付け込まれるし、盾を持たずに世の風に立って何かを与えられようとしている側にも責任はあると思う。ただ、それが付け込んで良いという免罪符にはならない。 自分の名誉なら諦められても、誰かの財産を …

no image

明石海苔の鍵庄さん川柳コンテスト、結果発表!

明石海苔の鍵庄さんが行っている川柳コンテスト。今年もその特別審査員を務めさせていただいた。結果発表が行われているので是非ご覧になっていただきたい。 お弁当&川柳コンテスト 第9回結果発表 « 鍵庄(か …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly