川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

投稿日:2014年8月23日 更新日:

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話
杉崎恒夫
パン屋のパンセ

縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。

夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色濃く残ってる。まだ、父もいて愛犬たちもいた子どもの頃、夕暮れの風鈴はひと際で、夜になっても余韻を伝え続けていた。都会化が進んで、風鈴も騒音に感じられるようになってしまった地域もあるらしい。人それぞれ、でも、僕は月や星に吊るされたように鳴るその音色が大好きだ。

地球上の海岸の、砂の一粒一粒を集めても、宙の星たちの数には及ばないということを知った。星の正確な数は誰も知らなくて、星になる話の神秘を信じるのは誰も自由で。静かに語らってみるのもいいけれど、時折、響く、その音に耳を澄ませながら懐かしい時間に触れてみる。昔からの時間が敷き詰められていく幻想の夜を、そんな風に過ごしてみるのも悪くない。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように/岡野大嗣

母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように 岡野大嗣(twitter/blog「第2ファスナー」) サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16) 「最近の親は子どもにこんな変わった名前をつけるん …

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた 中畑智江 同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15) 「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」 ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「 …

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

no image

[短歌鑑賞]知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう/吉田恭大

知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう 吉田恭大 短歌研究 2013年11月号 スタートラインは同じだった同級生たちも、今は方向も速度もそれぞれで、その場所から見える景色を教えてほし …

no image

[短歌鑑賞]真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない/中島裕介

真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない 中島裕介 もしニーチェが短歌を詠んだら 効率のいい方法、近道。 検索すればいくらでも答えに辿り着けるようになって、打たれ強さを育む「必要な無駄」と …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly