川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

何かが離れそうなときに捨てた執着、次に待っていてくれた活字の数々

投稿日:

むかし、魚の嫌いだった僕も、いつかお酒を美味しいと思うようになってからは好んで食べるようになった。

必要なことは必要なタイミングで来るようになっているんだろうと思う。ただ、必要なものは、たとえば隣の席に座っていたり目の前の宙を舞っていたりと、手のひらに落ちてきてはくれない。手を差し出す、腕を伸ばす。その程度の行動は必要で、その一歩が結果へと繋がっていく。得るためには捨てる必要があるのだけれど、意識せずとも離れていくものはある。それを追いかけてしまうのが執着で、何かが離れそうなときに執着を捨てて周囲を見渡してみると、次が寄ってきてくれたと感じることが多い。

ここ最近、いつも以上にメモを取ったりすぐに行動にうつしてみたりと、刺激のある本に出合えることが増えてきた。これもきっとタイミングで、失うことに執着しなかったからこそなんだろうと考えている。空、とても高くて、読書の秋。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

遊んでください第二弾。

再び、気分転換モード。 前回「遊んでください日程」を公開したところ、色々と声をかけていただき、大変幸せな時間を過ごさせていただきました。 というわけで、調子に乗って、第2弾のご案内です。 淋しがり屋さ …

no image

とってもうれしい、おてがみをありがとう。

「子育てが早く終わる分、ばりばり仕事をしろという天啓だと思った」 双子を出産した瞬間にそう思われたという女性社長Tさんのお話はとても刺激的だった。 ネガティブな感情を抱く瞬間というのは、言い換えてみれ …

no image

口コミを企画、口コミで絶えず。

見舞いには行けず。 体調は、さらに悪化しているらしい。余計に悪い想像をしてしてしまう伝聞。 苦しむ人の横で、24時間祈り続けるのは家族。 皆が解き放たれるように、一日も早い回復を願う。 仕事は、忙しい …

no image

朝型の生活ばーさす夜型の生活

領収書の入力、終わったー。「7月中には必ず終えますから」と税理士さんに約束していた作業、たったいま終わったー(だめだめ人間) — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年8月 …

神戸学院大学生たちの行列。

@明石駅前。 まだ夏休みではないのかな?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly