川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

何かが離れそうなときに捨てた執着、次に待っていてくれた活字の数々

投稿日:

むかし、魚の嫌いだった僕も、いつかお酒を美味しいと思うようになってからは好んで食べるようになった。

必要なことは必要なタイミングで来るようになっているんだろうと思う。ただ、必要なものは、たとえば隣の席に座っていたり目の前の宙を舞っていたりと、手のひらに落ちてきてはくれない。手を差し出す、腕を伸ばす。その程度の行動は必要で、その一歩が結果へと繋がっていく。得るためには捨てる必要があるのだけれど、意識せずとも離れていくものはある。それを追いかけてしまうのが執着で、何かが離れそうなときに執着を捨てて周囲を見渡してみると、次が寄ってきてくれたと感じることが多い。

ここ最近、いつも以上にメモを取ったりすぐに行動にうつしてみたりと、刺激のある本に出合えることが増えてきた。これもきっとタイミングで、失うことに執着しなかったからこそなんだろうと考えている。空、とても高くて、読書の秋。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

咲かされる花なんてないよ。

期待だけを先行させて、それを埋められないのはやっぱり自分の責任。選ばれる価値を表現していくことは出来ても、選ばれ続けていくための成果を示すことが出来ていない。仕事と作業の違い。何度も何度も何度も話をし …

天才の描く『ふくろう』。

美術はいつも『2』でした。

no image

好きな食べ物は、絵に描いた餅です。

2泊3日の経営指針書作成セミナーもいいだろうし、経営者同士の集まりで、自分の苦労を語り合うのもいいだろう。 ただ。 社員が週末に何をして過ごしただとか、社員に人気のランチのお店がどこだとか、そんな何気 …

山上リフト。

こわい…

no image

今日の読み間違い。

×キヨハラカムバック○キヨムラカーパーク

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly