川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

何かが離れそうなときに捨てた執着、次に待っていてくれた活字の数々

投稿日:

むかし、魚の嫌いだった僕も、いつかお酒を美味しいと思うようになってからは好んで食べるようになった。

必要なことは必要なタイミングで来るようになっているんだろうと思う。ただ、必要なものは、たとえば隣の席に座っていたり目の前の宙を舞っていたりと、手のひらに落ちてきてはくれない。手を差し出す、腕を伸ばす。その程度の行動は必要で、その一歩が結果へと繋がっていく。得るためには捨てる必要があるのだけれど、意識せずとも離れていくものはある。それを追いかけてしまうのが執着で、何かが離れそうなときに執着を捨てて周囲を見渡してみると、次が寄ってきてくれたと感じることが多い。

ここ最近、いつも以上にメモを取ったりすぐに行動にうつしてみたりと、刺激のある本に出合えることが増えてきた。これもきっとタイミングで、失うことに執着しなかったからこそなんだろうと考えている。空、とても高くて、読書の秋。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

これでどうかな

引き続きテスト。

浅田真央の気持ちがいま、わかった。

「飲むパンナコッタ」で検索すると、上位二番目に見覚えのあるblogが… 一位になれなかったと悔やむべきか、二位になってしまったと恥じるべきか、 嬉し恥ずかし、銀メダル。

no image

横を走り抜けて行く 青く丸っこいその姿に。

通勤の朝。駅を降りてからしばらくは、JRの線路沿いを歩くことになる。 曲がり角に差し掛かる頃いつも 九州からの旅をまもなく終えようとするブルートレインが少しくたびれた顔をして横を通り抜けていく。    …

おされすぎてビビります。

クリスマス忘年会、楽しみです。

no image

上手にフォークやナイフを使うことよりも、笑って「おかわり」を言える自分でありたい

口角を上げて笑うことを意識している人に会うと、自分のトークでは自然な笑みをこぼしてくれないのだなぁという気になる。 [川柳]ジョーカーのいない笑顔は信じない | 短歌と川柳とマカロニと 礼儀や作法やマ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly