川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画

稲葉篤紀選手と金子誠選手の現役引退に ~伝説と感動は受け継がれて新しいチカラの源になる

投稿日:

2014年プロ野球パリーグのCSが終了して、ソフトバンクホークスが日本シリーズへと駒を進めることになった。善戦した日本ハムファイターズの今シーズンの戦いはこれで終了、同時に、稲葉篤紀選手、金子誠選手がこの試合をもって現役を引退することになった。

この映像は、試合終了後、対戦相手であるソフトバンクホークスの選手たちが稲葉篤紀選手と金子誠選手を胴上げしているところ。送るも涙、送られるも涙である。

スポーツのこういうシーンは本当に素晴らしいと思う。退き際の光景に感動して、プロ野球選手を目指す子どもたちが現れる。伝説と感動は受け継がれて、新しいチカラの源へとなっていく。両選手の幼い頃からの積み重ねは、現役生活で開花して、誰かのエネルギーに転化していくのだ。いつか未来のヒーローたちは「あの胴上げに感動して」というエピソードを語る。僕はそのインタビューを目を細めて眺める。

稲葉選手は41歳、そして金子選手は僕と同じ38歳での現役引退だ。経営者としては若いと言われる自分も、スポーツ界に目を向けると、もうほとんど同世代の現役選手は存在しない。身体的にはピークを過ぎて、これからは「器」が試される年齢へとなっていく。外部環境は勿論のこととして、身体能力にあわせた行動や取捨選択も行っていかなければならないということを思い知らされる。そしてまた、どんな年齢の重ね方をしていくとしても、稲葉選手と金子選手と同じような惜しまれて去っていく退き際を選びたいと思う。僕もいつかは、こんな経営者になってみたいと言われるようなそんな存在になれるだろうか

Google

Google

-動画

執筆者:

関連記事

no image

ずっと続いた兄弟喧嘩 ~犬たちが繋いでくれた家族の距離

壮絶な喧嘩を目撃してしまった。 辺りに血しぶきが飛んで、骨と骨のぶつかる音が響く。彼女と思われる女性が「やめてよー」と必死で叫ぶものの、その声で男は余計に引けなくなっている。こういう時の男の態度は意地 …

佐野仁美さんのピアノ弾き語りに感動した!心がきーんとした!

佐野仁美さんの弾き語り動画、心が震えた。ちっぽけなぼくというCDを早速発注。 インタビューを受けているときのイントネーションで関西の人だということがわかった。 どんなアーティストでもそうだけれど、普段 …

no image

ひっくり返ってしまった亀はどうやって元に戻るのか ~助け合って生きていく

「頼まれごとは試されごと」という言葉については持論がある。 なにかを頼まれた側が、少し成長する自分のイメージを想い描いて動き出すときの言葉であって、何かを頼む側が便利に相手を利用するために使う言葉であ …

no image

じゃ、にしばたさんがお冷(おひや)の氷を齧り終わったら出発しましょうか

「じゃ、にしばたさんがお冷(おひや)の氷を齧り終わったら出発しましょうか」と、真顔で言われたときのリアクションはどんな風にすれば正解だったのだろうと今でも考えることがある。周囲からどんな風に認知されて …

no image

優しい犬の瞳に教えられた「助けること」「与えること」 ~忘己利他の気持ち

助けてあげたら助けてもらえるんじゃないか、そんな見返りを求めてしまう自分はまだまだ未熟。与えて、与えて、与えて、それでいいじゃないかと言葉にはするのだけれど、心の帳簿に薄い印を記している打算。与えるこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly