川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画 雑記

トルコにあるキマイラの燃える岩は2500年も燃え続けている

投稿日:

トルコにあるキマイラの燃える岩は2500年も燃え続けているのだそうだ。

トルコ南西部アンタルヤには、まるで「地獄の覗き穴」のような場所があります。
そのスポットは、アンタルヤの南西約80kmにある岩山で随所に開いた穴から炎を吹き出しているのです。
少なくとも2500年前から噴出するメタンガスは燃え続けてきたとされ、かつては海上からの目印に。今ではハイカーたちがお茶を入れるために利用されています。

引用元:2500年前から燃え続ける「キマイラの燃える岩」(トルコ):ゆきふる

そしてその炎はいま、お茶を沸かすために利用されているというのが笑えた。かつて船員たちは、この燃える岩を灯台として利用していたこともあるらしい。

頭はライオン、胴が山羊、そして尻尾が蛇で口からは火炎を吐き続けたのがキメイラであるとされている。この岩のあたりに閉じ込められたキメイラが今も火を吐き続けているのだという物語もあるそうだが、実際はメタンガスが噴き出すことによって燃え続けているらしい。

理屈を知らなかった昔のひとたちは、未知の生き物がここにいるのだと考えた。知ることで理屈が備わると、途端にそこは科学や地学の世界になってしまう。想像のままに生き物の咆哮を浮かべるほうが楽しいと思うのは、僕が詩を書く人間だからか、単に理科が苦手だったからなのか。

地球はひとの命を簡単に奪うこともすれば、ひとの命に多くの恵みを与えてくれたりもする。この星にはきっとまだまだ解明されていないことが多くて、電波の飛び交うこんな時代にも、いろんな神話や物語、詩を描く人がいるんだろうなと思うと世界がとても眩しくなる。僕たちは大きな星に生まれたね。

Google

Google

-動画, 雑記

執筆者:

関連記事

滋賀のお客様からいただいたお土産と、自分という人間に時間を割いていただける感謝と

滋賀からのお客様をお迎えしての会食。「滋賀」からのお客様のお土産。「滋賀」からの…。 今回は神戸、次回は滋賀と、お互いのホームグラウンドで交互に会食をするようになって久しい。食事に誘っていただけるのは …

?(はてな)を自分に向けられるかどうか会議。

チラシとパンフレットは違うのです。 パンフレットは書きたいことを全部書けばいい。でも、チラシは、見る側に「見ない自由」があります。 だから、まず、どうやったら「見て貰えるか」ということを考えなくちゃい …

きみを想うのは、僕ひとりではなかった。

主人の帰りを待つ茶トラ。 山から降りてくるタヌキたちにもエサをあげているんだそうです。 みんな、みんな、祈りながら待っています。それぞれの場所で、当たり前の顔で。

no image

モヤモヤを生きてる、モヤモヤの先を見たくて。

父との思い出の場所であり、生活の礎の場所がなくなっていく。こんなに辛くて悲しいことはないけれども、仕方のないことでもある。起きることは、すべて意味のあること。意味をもたせられるのも、また、人間だからこ …

no image

四月の馬鹿になったこともあった。

Yahoo!ばぶばぶってサービス始まるんだー、すげー。 なんて、四月馬鹿を、何の疑いも持たずに信じてしまった純粋な昔むかし。いつまでも、ピュアな心を抱き続けていたいものですねぇ(違うと思います)。 & …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)