川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

投稿日:

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」

「インプットがインプットで終わるのは一番良くない。こんなことを学んだから自分の格が上がったと思われるように書くのもどうでしょう。その種を自分の中に植えてどんな風に花を咲かせたのか、経験を語る。物語に共感は生まれると思うんですね。武勇伝や自慢話になっても駄目ですが、経験という価値は本当に尊いと思います」

「教科書は何度読んでも頭に入らなかった、でも、面白い先生の話は覚えてる。たくさん知ってる人と交わすお酒は緊張するのに、たくさん転んだことのある人と飲むお酒が楽しいのはどうしてなんでしょうね」

(2014年6月の打ち合わせメモより)

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

商売の心得 ~下心は見透かされる、遊び心はワクワクする

チョロQ zero あぶない刑事 Z06 レパード XS-II(紺)ですって。欲しいよね。たとえば車を取り扱う仕事をしている人たちは、こういうモデル一式を展示ブースに揃えて「どうぞ自由に撮影に来てくだ …

商売人の「血」と「義」を貫く ~商売の負け方

勝ち負けという言葉で商売を表現することの是非はともかくとして。 100:0で選ばれる必要はなくて、51:49のほんのわずかな違いを作ること、習慣にしていくこと、浸透させていくこと。商売の本質なんて、た …

no image

得るのではなく与えるということ ~相手に与えられていますか、相手に搾取されていますか

友だちの杉若さんが「豊かな人生を送りたいなら他の人の協力を得て大業を成し遂げる必要がありますが、自分ばかり得をする発想を抱いていると優秀な協力者が現れる可能性が低くなります」という話をFACEBOOK …

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

no image

お客様のひとつひとつを記憶に残して。

同友会神戸西支部の例会に参加。 経営者の集まり、勉強会であるこの場では、毎回の報告やバズセッションなどを経て、モノの考え方を学ぶのみならず、「話し方の工夫」も感じ取るように心がけている。 自分の立場、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly