川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

雨降って地固まるという結果論ではなく、降った雨で地を固めるという意思

投稿日:

雨降って地固まるという結果論ではなく、降った雨で地を固めるという意図的な振る舞いが必要なこともある。

起きていることにすべて意味があるのだとすれば、「もうこれで何もかも終わった」と悲観的な気持ちになるのではなく、底に触れた時からの生き方を意識する。人生全般に言えることで、仕事では特にそんなことを感じることが多い。一番怖いのは降った雨にさえ気付かずにすべてが通り過ぎてしまうこと。降っていれば傘をさすことだって出来るし、雨上がりを期待することだって出来る。心を刺すような雨粒には意味があって、皮膚がそれに敏感であるほど、優しい結果が訪れることが多いように感じる。

雨は恵みだな、と思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

上手くいっても駄目でも価値になる、失敗に向かう考え方

人の役に立てたら嬉しい。 そしてその「役に立てたな」と思うことのほとんどは、何処かのお偉いさんに言われたことでもなく、ぶ厚い本に書いてあったことでもなく、自分が実際に失敗という経験を経て学んだことなの …

no image

初物の金額にケチをつけるような、無粋な真似はしない

セミは虫たちに主役を譲って、月は歌われるための顔をして宙に浮かぶ。最高気温が30度を超えない日が続くのを天気予報で見つけると、本当に夏が終わっていくんだなぁという感慨を覚える。 延長戦のような夕方から …

no image

五七調とコピーライターの仕事と

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

no image

商いの本質を意識して。

お盆明け、いいスタートです、充実してます、忙しくしています。 社内では、9月からメンバーが増えることもあって、情報の共有方法を模索しています。いわゆる「たらい回し」で、お客様にご迷惑をおかけすることの …

商売人の「血」と「義」を貫く ~商売の負け方

勝ち負けという言葉で商売を表現することの是非はともかくとして。 100:0で選ばれる必要はなくて、51:49のほんのわずかな違いを作ること、習慣にしていくこと、浸透させていくこと。商売の本質なんて、た …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly