川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

投稿日:

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。

主張したいことを通したければ、相手の言い分をしっかり聞く必要がある。反論を前提とせず、相手の話の共感できるポイントをインタビュアーになったつもりで掘り下げていく。そこに対話が生まれると、相手も自分の意見を尊重してくれるようになる。結果、物事は動き始める。

言い争うことが目的なのではなく、理想に近づけていくことが目的なのだから相手も動いてくれるような土壌を作っていくことが大切。相手が思う通りに動いてくれないと苛立ちを覚えるときは、相手から聞き出したことを箇条書きしていくようにしてみる。自分の言いたいことがリストになっているのではなく、相手から聞いたことがリストになっているかどうか。この数の多さが人間関係を良好に保ち、建設的な議論を行うポイントである。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

社長業の楽しくなる、社内メーリングリストの活用。

今週、3つの大きな仕事が無事終了しました。 新人のN君が入って以来、ろくに歓迎会も出来ていなかったので、慰労会も兼ねて食事とカラオケに。 久々に発散してきました。 連日、終電まで頑張ってくれたこと。  …

表現者のためのiPhoneアプリ制作会社、出版社であり続けたい

8月のリレーマラソンに参加して以後、あまり長距離を走っていなかったので今日は長めのコース。走り終えてRuntasticで計測した距離を確かめると、ちょうど11.11kmだった。 気持ちは上がったり下が …

no image

謙虚であること、一方、卑屈にはならないこと。媚びないこと、一方、驕らないこと

月末、年度末。決算は6月末なので、ここは単なる区切り。それでも、いろんなことを考えさせられる区切りになった。 信頼を積み重ねて生きている。一枚一枚の信頼は薄くて脆くて、すっと風が吹くだけでも壊れてしま …

感動を共有できない「プロ」であるならば、「発展途上」でありたいと願う

何十回としている仕事なのだけれど、結果が出るまではいつも緊張する。不安があるから謙虚になれるのかもしれない。謙虚になれるから、結果が伴ったとき、新鮮な気持ちで感動できるのだとも思う。わかりきっていたよ …

神戸で販促なら、神戸で一番「さん付け」をされるようになったマーケティングに強い会社に頼んでみる

タイトルは釣り。でも本音。 販促の相談をしてこられるお客様は、金銭的にも精神的にも余裕があるわけではない。こちらが拘束される時間に対してのフィーを請求することが本来かもしれないが、その成果に対してバッ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly