川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

投稿日:

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。

主張したいことを通したければ、相手の言い分をしっかり聞く必要がある。反論を前提とせず、相手の話の共感できるポイントをインタビュアーになったつもりで掘り下げていく。そこに対話が生まれると、相手も自分の意見を尊重してくれるようになる。結果、物事は動き始める。

言い争うことが目的なのではなく、理想に近づけていくことが目的なのだから相手も動いてくれるような土壌を作っていくことが大切。相手が思う通りに動いてくれないと苛立ちを覚えるときは、相手から聞き出したことを箇条書きしていくようにしてみる。自分の言いたいことがリストになっているのではなく、相手から聞いたことがリストになっているかどうか。この数の多さが人間関係を良好に保ち、建設的な議論を行うポイントである。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

僕の経営者としてのルーツ 〜最初から経営者になることを約束されていなかったということ、裏の世界を覗いてきたということ

世間は盆休み、とて、中小零細企業にそんなものは関係なく、僕は僕の毎日を過ごす。 いつもは車の往来が激しい大阪の真ん中、レンズを向ける僕を咎める人は誰もいない。 かつてサラリーマンをしていたビルの前を訪 …

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

no image

神戸の前川企画印刷の中尾くんのブログ「売るのではなく選ばれる」

社内でもブログでも、商売に大切なことは売るのではなく選ばれることだと何度も語り続けている。 商売を真摯に取り組むのは当たり前のこと。それは差別化にはならない。とはいえ、優位であるポイントを伝えて差別化 …

no image

販促とか、マーケティングとか、手法がどうこうというより、それは物語なのではないかと

「午前はワイン、午後はかつ丼の打ち合わせ」と書くと、なんだか食べて飲むことばかり考えているようですね(にっこり) — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月20日 いろ …

表現力を磨くために大切な想像力 ~上から目線の言葉と、共感の生まれる言葉と

「言葉はいつまでも、一つの母国である。魂の連帯を信じないものたちにとっても、言葉によるつながりだけは、どうかして信じられないものだろうか?」と言ったのは寺山修司(ポケットに名言を/角川文庫)。 信念に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly