川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

投稿日:

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず
吉川宏志
燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書)

新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。

出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最後に起死回生を狙って看板を改めたところもある。印刷や販促の仕事をしている僕のところには、命の縁を背にした人たちが相談に訪れることがあって、その施策が間に合わず退場を余儀なくされた方もいる。残された僕たちは、ここで、ずっと破れそうな気持ちを生きていくことになる。死にたいと思っても闇、渡って、突きつけられて残った人たちも闇。与えられた命の期限を早めて川を渡ることは罪だというけれど、せめてそんな風ではあってほしくないと願う気持ちと、荷物を置いたままに渡った軽さに、苛立ちをぶつけたい気持ちとがある。貴いのに、軽い。命は純白の風船のようだ。

渡る手前で踏みとどまって、絶望に心身を削がれながら生きている人たちの数。昨日は違っても、今日は曇って、明日には降り出すかもしれない空と風を過ごしている自分たちに、他人事であるとはいえない。闇の無い時代なんてなかった。ただ、闇の次の光の順番をむかしはもっと期待しても良かったような気がする。今はなにが違ってしまったのだろうと、蒼い息を吐き出しながら考える。自分だってもっと、急がなくてはきっと。

Google

Google

-短歌鑑賞

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

no image

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり 松村正直(blog) 午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書) 空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビー …

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

no image

穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人?

「短歌で自己表現をしたい」「短歌がもっと上手になりたい」と思う人には最適な教科書であるのは勿論、穂村弘さんならではの文体が読み物としても面白い。それがはじめての短歌。いろんな人に穂村さんの魅力を知って …

[短歌鑑賞]わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております/笹井宏之

わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております 笹井宏之 ひとさらい 昨日歩いた道のどこかで見かけたタンポポの数を僕たちは覚えているわけはなく、それでも、タンポポが咲いていたという事実だけは思い出す …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly