川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

投稿日:

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず
吉川宏志
燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書)

新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。

出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最後に起死回生を狙って看板を改めたところもある。印刷や販促の仕事をしている僕のところには、命の縁を背にした人たちが相談に訪れることがあって、その施策が間に合わず退場を余儀なくされた方もいる。残された僕たちは、ここで、ずっと破れそうな気持ちを生きていくことになる。死にたいと思っても闇、渡って、突きつけられて残った人たちも闇。与えられた命の期限を早めて川を渡ることは罪だというけれど、せめてそんな風ではあってほしくないと願う気持ちと、荷物を置いたままに渡った軽さに、苛立ちをぶつけたい気持ちとがある。貴いのに、軽い。命は純白の風船のようだ。

渡る手前で踏みとどまって、絶望に心身を削がれながら生きている人たちの数。昨日は違っても、今日は曇って、明日には降り出すかもしれない空と風を過ごしている自分たちに、他人事であるとはいえない。闇の無い時代なんてなかった。ただ、闇の次の光の順番をむかしはもっと期待しても良かったような気がする。今はなにが違ってしまったのだろうと、蒼い息を吐き出しながら考える。自分だってもっと、急がなくてはきっと。

Google

Google

-短歌鑑賞

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

no image

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない 小島ゆかり 純白光 短歌日記2012 忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶 …

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど 石川啄木 一握の砂 血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によっ …

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい 東直子(twitter) 十階 短歌日記2007 荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えて …

[短歌鑑賞]三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり/中村偕子

三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり 中村偕子 変わらない空 泣きながら、笑いながら 東日本大震災を経験した五十五人の共著である短歌集変わらない空 泣きながら、笑いながらを読んだ。どの歌も …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly