川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

情報

指先の痺れなど、末梢神経障害にはナボリンSが効果抜群でオススメ!(ちょっとだけ副作用の話も)

投稿日:2017年10月27日 更新日:

ちょっとしたトラブルで始まった指の神経痛。

親指の付け根のあたりから中指のあたりまで。手の甲に電気が伝わって、ピリピリと痺れるような不快感が続いた。拳をぎゅっと握るのにも不自由して、モノを持つことにも恐怖感がある。手を洗おうと流水に触れるだけでも電気が走る始末である。手根管症候群。指の付け根のあたりには神経が集中していて、このあたりに圧がかかると、指先までこのような症状が出てしまうらしい(小指だけは違う神経になるので、この不快感はでない)。

指先の痺れ、手根管症候群など、末端神経障害にオススメのナボリンS

ドラッグストアの店員さんに症状を伝えたところナボリンS という薬があることを教えてもらった。なんでも、事故で顔面に障害の残ってしまった某有名人も、この薬で症状が改善されたのだとか(確かめる術を僕は持たないけれど)。

毎日3錠。食後に服用するだけの錠剤。メコバラミン(活性型ビタミンB12)という主要成分がダメージを受けた末梢神経を修復してくれるらしい。また、葉酸がメコバラミンの働きを高め、末梢神経の修復作用を高めてくれるとのこと。つまりツートップで僕の指先に働きかけてくれるのだ。ちなみに、バファリンやボルタレンなどの鎮痛剤は神経系の症状には効果を発揮しない。骨や筋肉と神経では痛みのメカニズムが異なる。

ところで。

実際にナボリンS を飲んでみてどうだったかというと、夜に飲んで、次の日の朝に飲み、昼前には「少しマシになってきたような気がする」という感覚を得ることができた。夕方にはさらに症状が軽くなってきたので、やはりナボリンS が効いたのだと考えて良いだろう。

ナボリンSに副作用はあるのかどうか

添付文書によるとナボリンSには「発疹、かゆみ、吐き気、嘔吐、口内炎、食欲不振、胃部不快感、めまい」などの副作用が出る可能性があると書かれている。自分にはこのうち、ちょうどピリピリ電気が走るような感覚のあった部位に「かゆみ」の症状が出たので書き添えておく。

一週間続いたピリピリの症状が治まりつつあることを思えば、この程度のかゆみは許容の範囲内ではあるのだけれど。

以上、指先の痺れ、手根管症候群など、末端神経障害にナボリンSが効いたという話と副作用についての報告でした。

Google

Google

-情報
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

京阪電鉄テレビカーの思い出と、京阪電鉄の運転体験を大人モード全力で体験してみたい件と

▼京阪テレビカー、運転気分味わえます 事前予約始まる:朝日新聞デジタル 大阪府枚方市楠葉花園町の大型商業施設「くずはモール」に展示されている京阪電鉄の名物電車「テレビカー」(旧3000系)の運転体験が …

no image

月末の事務作業を楽にしたい大人たちへ送る封筒の『スチック糊』『テープスチック』『ハイシール』の違い

うちのメンバーたちが一生懸命会社のブログを更新しています。「神戸で一番犬の好きな印刷屋」と名乗っているのに、バナーの写真は猫です。このあたりです。この際それはどうでもいいです。 月末になると通帳の残高 …

no image

神戸平野の湊山温泉の営業存続決定のニュースと、新しい運営会社について

うちの会社の近所にある湊山温泉。一度は廃業を表明していたものの、営業を存続することが決まった。嬉しいニュース。 平清盛ゆかりの湯として親しまれながら、今月10日の営業を最後に閉店が決まっていた「湊山温 …

ふらんす堂から出版された益岡茱萸(ますおかぐみ)俳句句集「汽水」を発注した!

同じコピーライターである益岡茱萸(ますおかぐみ)さんの汽水(句集)を発注。 益岡茱萸さんは、コピーライターとして言葉を武器として広告業界を生き抜いてきた方だ。コピーは俳句とはちがう。どんなにすぐれたコ …

タッチペンでiPhoneを操作できる三菱鉛筆のジェットストリームスタイラスを動画で公開!

紙に引っかかることなくサラサラと書き進めていくことが出来ると定評のあるボールペン三菱鉛筆のジェットストリームにiPhoneやスマートフォンをタッチして操作できるスタイラス機能がついた。 実際にiPho …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly