熱帯魚

Dr.BIOで手間入らず(ってこともなく)。

年明けに60cm水槽を導入して以来上部フィルターのマットを交換していませんでした。

チリチリとしたゴミが目立ち始めていたので、Dr.BIOに交換。
ついでにブラックホールも仕込みました。

昨日、底面フィルターを廃止して、水流が変わったためか、コリドラスたちも「いい意味で」
落ち着かない様子。ずっとソワソワしたり追いかけっこしたりしています。45cm水槽の頃は
時折産卵してくれていましたが、60cmになってからは未だ見られず。そろそろ、次世代たちの
誕生も待ち遠しいところです。

ここ2週間ほどは、朝晩、給餌をしています。朝はコリタブ、晩はコリタブ+冷凍赤ムシ。
それまでの晩だけの給餌と比べると、目に見えて成長している様子がわかります。

体力つけて、頑張っちゃってください(^^;

>koribeeさん

コメントありがとうございます。

コトブキのろか砂利使ってるんで、そんなに細かいってこともないと思うんですけど、
上の写真でいかがでしょうか?? むしろ、コリドラス飼育にはタブーと言われている
角のある砂なんで、そっちのほうが気になってたりします(汗)

ウチダ熱帯魚方式ってのは、実はkoribeeさんのところのサイトで知りました。
砂を厚くして水作を埋め込んでやると、水質が安定してくれるし、不恰好な水作を露見
させる必要もないし(笑)、重宝しています。