熱帯魚

メダカの卵が孵化するまでの計算方法

メダカは朝、産卵をすることが多い。水草などに産み付けられた卵は、およそ250度(水温×日数)の積算温度を経て孵化をするのである。たとえば水温が25度であれば、10日ほどで稚魚に出合えるということだ。泳ぎだした稚魚の姿を眺めるのが楽しくて、水温から逆算して、僕はいつもその日を心待ちにして過ごしている。

ペットショップで「エサ用」として売られてメダカたちが、新しい命を生み出し、僕は知識によって、その孵化するまでの日数を計算することができる。ところが、生まれてきた命に対しては、いろいろな「想定外」がやってきて、その命やこれからのことに悪影響を及ぼそうとするのだ。生まれることに科学は及んでも、生まれたあとは運命に翻弄されることをいつも痛感する。それは人であっても、メダカであっても同じことだ。