雑記

耳鳴りに始まる悪循環、どうなっちゃうんだろうなぁ

時々腰をやってしまうのだけれど、これはまだ、痛み止めで誤魔化すことができる。顎関節症も、なる前に(なってしまっても)なんとか対処できるようにはなってきた。問題は去年からずっと続く耳鳴りで、この症状が酷くなると眩暈と吐き気で何もできなくなってしまう。目の前がぐにゃりと歪んで、まっすぐなものがまっすぐでなくなる。不安定な状態で生み出したアウトプットは、納得できるレベルのものではない。こんな状態のままで仕事を続けていると、そのうち干されてしまうのではないかと不安になる。悪循環。

精密検査を受けても異常はなく、どの医者からも心因性のものであると言われる。そして周囲の人に「ストレスが原因の耳鳴りに悩んでるんですよねー」とうっかり言ってしまうと、心配され、あれやこれやと病院やお薬を薦めていただくのだが、善意のひとつひとつに対応していくことがかえってストレスになってしまってこれまた悪循環。弱いとも言えないのは苦しい(ここでは書くのだが)。

今のままではダメなのだということを突き付けられている。どうなっちゃうんだろうなぁ。