川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

直球さんに教わった川柳の喜び。

投稿日:

ふあうすと川柳社、副主幹福島直球さんが亡くなられた。

3年前には、うちの会社でも句集を作らせていただいた。
人懐っこい笑顔と、心を和ませてくれる優しい川柳の数々が思い出される。

川柳を始めたきっかけは、仕事でふあうすとの制作に関わっていたのは
勿論のことだが、生まれてはじめて作った川柳を、直球さんに褒めて
いただいたことが、今日まで作句を続ける原動力になっているとも言える。

 川柳の文字の向こうに人がいる

とても嬉しそうに「ええですやん、ええですやん」と繰り返してくれた直球さん。

僕は、その一言で、すっかり川柳にはまってしまったんですよ ―

通夜。

遺影の直球さんの前に、明日、納品予定の最新のふあうすと7月号を供えた。
天国でもどうか、猫とじゃれあう、優しいままの直球さんでいてほしいと祈りつつ。

心から、ご冥福を。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕たちという複数で紡ぎたい、この気持ちは。

円のために生きるのではなく、縁があるから生きているのだと、 いまの足元を、常に。 自分のような人間を、助け、支え続けて下さった方がいる。ひとり、ふたり、数は限りなく。 温もりを思い出し、優しさに触れ、 …

夢はでっかく。

ポニョー。明石公園の第二野球場だよ。 今年のドラフト会議こそは、きっと、なんだ。

約束をするピアノ。

ローランドのデジタルグランドピアノ新製品を試奏させていただく機会がありました。 いい音、いいタッチ。 そしてコンパクト。 ピアノへ、という身構え方をする必要がなく、気軽に音符に飛び込める感覚。 音符を …

僕は誰とでも仲良くすることの出来る高校生だった。

久々の長距離ジョギングで、自宅(大蔵谷)と母校(明石城西高校)を往復。 途中、岩井寿商店の天使から、コーヒーを差し入れていただいた。感謝。このコース、病み付きになる(汗) 帰宅して、筋肉痛。 「大丈夫 …

坂の途中の霊柩車とカレーと。

ふくらみ始めた、庭のさくらんぼ。 色が付き始めると、鳥さん達が狙いにやってきます。今年こそは、長年の戦いに終止符を打たねば。 甘酸っぱい初夏の味わいが、とてもとても待ち遠しい。 午後、少し気になること …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)