川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

にんげんとにんげん以外の生き物。

投稿日:

車道に横たわる命。

伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、
きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。

反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、
祈ることしか出来ず、祈りだけを残して、右足を踏み込んだ。

誰かが誰かの余命を憂う瞬間には命そのものであったはずの元気が、
アスファルトと、ほんのアクセルひとつで露と消えていく。

この星に「にんげん以外」なんて生き物はないのに。

にんげんは、罪を作る生き物で、ごめんなさい。

善人ぶるのでなく、罪人の気持ちで、

それでよかったのか、これでいいのか。

たまらない景色だね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

下手くそな分だけ、もっと鍵盤に向かえる ~ピアノは一番の理解者だった

10月26日の本番に向けて、新曲の練習開始。うまくいけば、同じ週の10月31日と11月1日も人前での演奏の機会をいただけるかもしれない。 音楽をすることも詩を書くことも、表現のひとつ。表現者で在り続け …

加古川市立漕艇センター。

日焼けの予感。

きみの勤労に感謝してる。

かったりー。 だるいわー。 猫るん、だるいわー。 でも、頑張るわー。 だーにえーーーーる。

no image

手術直後、待合室で白くなった。

2時間で終わるはずの手術。 4時間半の闘い。 父の心臓は、血管は、想像以上に弱っていて、手術は不完全な結果に終わってしまった。 予後は不良であることを医者に告げられた。 16年以上の人工透析患者。その …

no image

高知で覚えた「残す」ことへの決意。

高知旅行で得た一番の学びは「残す」ということ。 高知県立文学館では県内ゆかりの作家たちについて、様々なエピソードなどが展示、紹介されていた。 彼らは「書く」ことで、意思を残す。 そして、残されたものが …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)