川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

投稿日:

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。

アコースティックギターとキーボードの男女2人組。
ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。

洗練されている必要はない。

自分たちのメッセージをしっかりと持って、荒々しいまでに表現し続けて
いてほしいと思った。

出会いの記念にCDを購入。

「有名になったら自慢するよ」と、サインを入れてもらった。

葬儀場に向かう直前、実家の居間で、父に最後に。

父の大好きだった河島英五の「野風増」をピアノで演奏してあげた。
このピアノを買うのに、父はずいぶん、無理をしてくれたそうだ。

音楽というチャンスを与えてくれたから、僕は多くの人に出会い、また、
様々な「表現」に興味を持つ、きっかけを得ることが出来た。

同じように、音楽や表現に情熱を注ごうとしている人たちに、自分もまた、
精いっぱいのエールを送られるようで在り続けたい。

帰宅、そして創作に勤しむ時間。

あ、なんだ。
刺激を受けたのは、自分の方だったんだなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

父のいる空を決めようか。

役所での手続きを終える。 父の健康保険証や障害者手帳を返した。戸籍には×が入れられた。 障害基礎年金と障害厚生年金は、遺族厚生年金と名前を変えて、父から母への、贈り物になった。 葬儀会社に支払いを終え …

カメラ貧乏への道をまっすぐ、長い長いひとり言。

おー、よちよち、かわいいかわいい。 おー、ちこうよれちこうよれ、くるしゅうないくるしゅうない。 とまぁ、帰宅してすぐ、こんな風に水槽前に立ち寄っては、服を脱ぎ捨てながら 癒しのひとときを過ごすわけです …

近江町市場にて。

海鮮丼をいただいています。二日連続カウンター。 雨に降られて、散々でした。 兼六園では、のんびりと涼を楽しんできました。

MI・U・GO・KI

ぎっくり腰になった。 こういうときに限って重たい納品がある。休み休み運ぼうとすると、周囲のひとが「だいじょうぶ?」「もってあげようか?」と声をかけてくださる。温かい。あまりに優しいものだから、「大丈夫 …

選ばれることに感謝を、与えられることに感動を。

岡山では、2年ぶりの友人との再会を楽しんできました。 これから、春の挙式に向けて忙しくなるそう。幸せに、そして、高い志を抱きながら頑張っているお二人の様子に、とても刺激をもらうことができました。 西の …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)