川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】目尻にも春 泣き虫はもういない   ばた

投稿日:

春を泳いで、明日を見つけた。

こぼれ始めた笑顔、迷いのない決意。
もう、きっと大丈夫な君は、追い風に吹かれ始めた。

どんな繋がりを持つ、これからの。

どんな広がりを見る、ここからの。

泣いていた足元、すっかり、咲いて。

それは、追い風に吹かれ始めた季節のことだった。

===

  【掲載】目尻にも春 泣き虫はもういない

    ふあうすと2008年4月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】釣鐘のある当然とハイヒール   ばた

ない時代、強いられた時代、贅沢は敵とされ。 やがて、その象徴たる存在も、徴収され、形を変え、平和を破る轟音となった。 ほんの数十年前に、 そこに、あるべきものがなかった景色があったのだということを現代 …

no image

【川柳】戦争は何チャンネルでしてますか   ばた

安っぽいドラマだ、今日も赤い血を流して。ありきたりのシナリオめ、明日も涙を止めさせぬ。 当たり前の景色だな、もう、誰も、見飽きたというのに。 ===   【掲載】戦争は何チャンネルでしてますか     …

【川柳】二月堂上っていただくお茶がある   ばた

夏の出来事。 色々苦しいことが続いて、何か懐かしい景色に触れたくなりました。訪れたのは、奈良・東大寺。 自分は、特に何かの信仰があるわけではありませんが、仏陀さんの言葉には学ぶことが多く、春先から、そ …

no image

【川柳】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ   ばた

繰り返してばかりの、争いの炎に。 飽き飽きしていて、それは、天気予報と変わらないくらい、見慣れたニュースの一部だった。 きっと、誰かが始めたんだろう。きっと、そのうち終わるんだろう。 そんな程度の認識 …

no image

選び方も個性。僕には僕の心の色がある ~ふあうすと川柳句会の選者

人前に立つことは好き。 1をnの人に伝えられて効率がいいし、相手の顔色に意識を向ける必要もない。緊張して当然という環境なので、ある程度の失敗は許容されるという空気もある。前で話をするだけで一定の評価を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)