川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

夏はすこしだけ鋭利に始まった。

投稿日:

七日ごとの集まり。

形ばかりのお経、気持ちの問題だよ。
話題にのぼる父の思い出は、昨日の温度を添えて繰り返される。

真夜中の墓苑巡り。
4ヶ所ほどを回って、母に、強く、あるところを主張した。

「明石駅のホームで見た公園とお城。それで、ここに決めた」

明石に住むことを決めた理由を語った父の。

それを覚えていて。
そして、僕に流れる血の中にも、同じ沸き立つものがあり。

(ここなら、きっと)

対話という名の、息子の直感って奴だと信じたい。

スーパーに並ぶ西瓜を眺めた。

棺の中にも、切り分けた西瓜を入れてあげた。
父は、とても西瓜が大好きな人だった。

ふと、そして、そんなことを思い出して。

ある対象を通じて浮かぶ懐かしさと寂しさは、まだ、まだまだ、
尖った角度のままに心に迫り寄ってきては苦しい、夏の訪れだった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

とある会議の資料作り。

経営者同士の勉強会で使う資料作り。おいしくビールをいただきつつ、頑張っています。 F社長、blog更新楽しみにしてますよー。

今日もミント神戸。

とりあえず一通り制覇しておこうかと。 今日は洋食屋。三宮駅を見下ろしながら。

no image

旅芸人でありたい ~海に沈んで、山に沈んで

「旅芸人になりたい」という話をよくするのだけれど、それは僕の尊敬する松山千春さんが、60歳を過ぎても全国のあちこちでコンサートをしている姿に憧れてのことだ。自分を待ってくれている人がいるというのは、ど …

愛車と過ごした7年とお別れの一日と

7年間走り続けてくれた愛車とお別れしてきた。 12万5千キロ。この距離の半分以上はお叱りとご指導をいただくためのものだった。残りの距離は、それでもチャンスを与えてくださる方々の心を想うためのものだった …

no image

デザイン事務所と大喧嘩。

外注さん。 この人間は、いつでも「金はー? 金はー?」と聞いてくるので正直付き合いたくなく、気分が非常に悪かったのですが、ついに喧嘩しました。キレてしまいました。 あぁでも。 元々の仕事の発注主に迷惑 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)