川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

隠れ家のある生活、ゴミ袋のある生活。

投稿日:

最近、またTwitterを再開している。

blogに綴るほどではないことを、呟いて残してみる。
元々、blog上でも一言更新のようなことは行っていたので、まだ使い分けが確立出来て
いるわけでもない。多分これからも、なんとなーく行くんだろうな。

たくさん歩いて、海岸で弁当食べて。

帰宅して、大掃除。
ゴミ袋4つ分。

つまり、ゴミの中で暮らしている日常。

先日twitterで

「コストには、金額、時間、そして、場所(空間)も含まれるということを忘れてはならない」

と自分で呟いておきながら、この体たらくである。
偉そうに言うのは簡単、実践するのは大変、継続することは、もっともっと、大変。

ふむ。

日焼けした首筋が痛い。

眠気に勝てなくなってきた。
今夜こそは、ちゃんと布団で寝ようと思う。

新しい週の始まり。

言い訳のない一週間を、徹底していきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

写真の父も笑っている。笑ったままの父は、ずっと動かない

今夜、同友会をアピールする集まりで、報告と懇親会の司会をすることになっている。 「学び」と「気付き」と「刺激」という言葉は抽象的で人に響かない気がするのだけれど、自分だけがベラベラと喋っていて良い時間 …

no image

同情を買いたくて、切なさを安売りしてる?

お酒が入ったり、小説を立て続けに読むと。 語尾に変化が起こって、少し文体が変わる、昔からの癖。すぐに影響を受ける。 高校生のとき、大恋愛をした。 大好きな彼女ができた。 一生懸命尽くした。次第に、その …

きみの、そんな表情が大好きで。

折込チラシの勉強中。 いつも誘惑してくる、君のその表情。 お腹の虫は、切ない鳴き声をあげて。

自信と謙虚の紙一重

知識も理屈も何もない時代に、夜は必ず明けると言い切った誰かの勇気は如何ほどのものであっただろう。「かならず」を声にした瞬間、いつもなら朝の白さが広がり始める方向に、どれだけの不安と祈りを向けたのだろう …

no image

送り返すことの出来ないままのハガキ。

送り返すことの出来ないままのハガキ、カタログギフト。 キミの存在を感じられる、何がいいかと。締切はもう、とっくの昔。 あえて、残らない何かにしてみるのも。やっぱり、ずっとの象徴である何かを探してみるの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)