川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

真夜中に揺れた電話、病状の悪化。

投稿日:

叔父は叔父という響きよりももっとそばにある、「兄」という存在。
静岡という土地にいても、家族という温度の距離にいます。

自分の人生のすべてを、両親への看病と介護にあて、ようやく解放された頃に
今度は、自分自身の病気が判明してしまったのでした。

土曜日、真夜中の電話。

それは、兄の病状悪化を伝えるものでした。

悪性リンパ腫は血液のガン。
ずっと頑張ってきてくれましたが、この一週間が山であると土曜夜、お医者さんに
告げられました。

持ち直して欲しいけれど、でも。

少しばたばたするかもしれません。

こんな状況であることを示唆しておいた方が、これから先起こり得る変化にも
対応しやすくなるのだろうと思っています。

自分の立場、プロとしての意識、責任。

それらを十分自覚した上で、出来るだけご迷惑をおかけすることのないよう、
そして、自分自身が悔いることのないような行動を選択していきたいと思います。

努めて、冷静に。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

大鳴門橋。

到着。

no image

インフルエンザの呪い。

インフルエンザになる。↓ 熱が出る。↓ うなされながら寝てしまう。↓ 眼鏡はかけっぱなし。↓ 起きる。↓ 眼鏡が歪んでいる。↓ ミステリー。

no image

病院に呼ばれて。

真夜中の病院。 父親の容態が悪化しています。なんとか小康状態。 このまま落ち着いてほしい。

no image

ASKAさんの700番 第二巻/第三巻を読んだ

僕は実際には彼の物を盗んではいない。ところが、彼は周囲に「西端に盗まれた」と言って回ったとする。弱い立場の人間の発する言葉はいかにも信ぴょう性があって、僕はいとも簡単に罪びとに仕立て上げられてしまう。 …

no image

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。 そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、継続を放棄するようになってしまう。 だから、寄り添いたいと想う …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)