雑記

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。

ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。
強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる。

そうやって自然に信頼関係が芽生えていくのが理想。

「人を育てる」と声高に言う経営者ほど、強制ばかりしている気がする。
一緒に働いている人たちのことを、言い訳の材料にしている気がする。

ほんとの人材教育っていうのは、背中なり、結果なり、伝わるものを見せることで、
「どこかで聞いたようなこと」を偉そうに言うことじゃない。

偉そうな人は嫌いだ。

ほんとに偉い人は、上を見続けるから、決して偉そうじゃない。

偉いと偉そうの違い。
似ていても、見られ方はまるで違う。