川柳

【川柳】千年の未来へ 龍の起きあがる

土埃の匂い、ブルーシートの屋根、瓦礫の街を抜けて、大学受験に向かった阪神淡路大震災。

失った悲しみよりも、受験という緊張よりも、
触れてくれた優しさのひとつひとつが、今の僕を形成している。

神戸だからこそ、伝えることの出来る想い。行動に転化して、心に添う繋がりを示し続けなければ

千年に一度の涙が零れたのならば、2012年は、千年未来に残る希望の一年になる。

龍の昇る空に、これ以下はないのだと確信して。

千年の未来へ 龍の起きあがる

川柳「ふあうすと」 2012年2月号裏表紙掲載