川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

投稿日:

もう、一年が経とうとしている。
まだ、故郷に遠い人たちがいる。

神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる

▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たなければならない。
ほんの一石、されど、いつか岸に着くよう、いつか、岸に着くまで

▼春にするまで、出来るコト、出来るコト。

「川柳ふあうすと」2012年3月号 裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】にんげんを急ぎはしないカタツムリ   ばた

ふあうすと2007年6月号、裏表紙広告。 ===  一年を折り返す6月。この時期、納品の多い印刷屋泣かせの雨が続きますが、束の間の「太陽」を見付けては、お客様のところへと急ぎます。梅雨、明ければ、猛暑 …

no image

【川柳】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだよ」   ばた

そして、僕は。 もう少し、高いところにハードルを意識して、なんだか無性に、頑張ってみようと思うのであった。 それがいつか、確信に変わるときまで。 ===   【掲載】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだ …

no image

【川柳】割り切って値札をつけておく誠意   ばた

見返りを求めてはいけない、そう戒めている時点で、その行為は偽善なのかもしれない。 わかっちゃーいる、わかっちゃーいるが、気が付いて欲しい親切だってあるものだ。たった一言で救われることだってある。報われ …

no image

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

どこまでも響く口笛の景色だった。 鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。 風は薫って、いまも、懐かしく、耳に届いて、こえは、とっても温かい。 父さんは、もう、居ないようで、 僕は、あれからも …

no image

【川柳】明日咲く花があるからよく眠る   ばた

「明日も」「明日こそは」 人それぞれの、どんな未来も、どんな明日も。待ってみること、信じてみること。 今日はボロボロに傷ついた蕾だって明日は光を受けて、大きな花を咲かせるかもしれません。 光を探して。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)