川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

投稿日:

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。

そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、
継続を放棄するようになってしまう。

だから、寄り添いたいと想う気持ちありき、僕は、
「こんなことでもいいから、継続したらいいんですよ」と許容することにしている。

継続のリズムの中で、少しずつ、軌道修正を促していけば、
継続というチカラに相まって、「なるほど」という納得も生まれやすくなる。

最近、よく使う言葉。
お客さんに向き合いたいのか、横並びでいたいのか。

立ち位置の難しさ。

教えるのではなく、気付きを与えられるようになると、
その絆は強くなる。

あえて抽象的に書いてみたのは、色々な思惑があって。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

朝の太陽、夕方の太陽。

朝は人に勇気を与え、夕方は人に癒しを与える。なんてホッとできる雄大な空だろう。 健康に、幸せに。 みんな誰もが当たり前に毎日のこの景色を眺められますように。

愛犬ストラップ。

じゅにあ。裏にはあーちゃんの写真も。 母と弟にも同じものを作ってあげたら大変喜ばれました。

青春を過ごした

母校です。掃除、がんばってきます。

no image

星野監督の訃報 ~周囲に優しく、本人に厳しい、見習いたかったリーダーシップ

人生で一番野球を見たのは、星野さんが阪神の監督だったときで、明石出身の藤本選手が恐怖の8番打者として活躍していたころでした。 星野仙一取締役副会長永眠に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス 星野仙一取 …

太陽のタマゴ、宮崎マンゴー。

いただいてしまいました。く、く、く、食わねばー。 マンゴー大好きです。 ありがとうございます!

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)