川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

壊れたように泣いた、何故。

投稿日:

分かれ道があって、二択。

選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。
けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。

恐れるよりも、
行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい。
そうありたい。

夏の虫が壊れたように鳴いていた。
自分の存在を知らせるように、自分の想いを届けるように。

すこし、肌寒い夜で、
まだ、仲間たちの競演には遠いらしい。

「ここにいるよ」と旗を振ることは、
場所もタイミングも大切で、
人も動物もみな、いつだって、とても難しいのだな、と考えさせられた。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

厄除け。

雪の舞う中。

no image

自分の知識や表現力が役に立つのなら喜んで動く

知らなければ付け込まれるし、盾を持たずに世の風に立って何かを与えられようとしている側にも責任はあると思う。ただ、それが付け込んで良いという免罪符にはならない。 自分の名誉なら諦められても、誰かの財産を …

無線フリースポット。

@アスピア明石 便利ですねぇ。 歩き疲れて休憩中。

no image

32歳の青くさい経営を、後半戦もどうぞ。

あの人はこちらがするほどはメールを送ってきてはくれない、だからきっと自分のことを良く思っていないに違いないと、思い込んで、ふさぎ込んで、愚痴って、足踏みしている人を見かけたら、シンプルに  「じゃ、自 …

no image

身体はいろんなことを見て、聞いて、感じていて、そして悲鳴をあげるのだ

折れた肋骨の痛みはまだ続いている。 生まれてはじめての骨折 ただ、ようやく、咳やクシャミをしたときの響くような痛みは我慢できる程度になってきた。元に戻ろうとする骨たちに、僕はせっせとカルシウムを送り込 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)