川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

投稿日:

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採寸という懐かしい響き。毎年の成長を確かめては、父母は丈に応じた服を選んでくれた。新しい匂いのするスタートはとても気持ちが良くて、今はもう遠い昔。過ぎた時間を懐かしみながら焦りを覚えるはいつもいつでも▼言い訳を置いていくのに最適な優しい薫りに、背中を押されようではないか。

梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

明石海苔の鍵庄、第10回お弁当&川柳コンテスト結果発表

特別審査員を務めた明石海苔の鍵庄さんで、第10回お弁当&川柳コンテスト結果発表が行われた。 お弁当&川柳コンテスト 第10回結果発表 « 鍵庄(かぎしょう) - ご贈答にぴったり!こだわりの一番摘み明 …

no image

【川柳(十四字詩)】流れ星には嘘がつけない   ばた

素直な気持ちで、待ってみたいものです。 ===   【佳作】流れ星には嘘がつけない     月刊川柳マガジン2006年7月号    十四字詩(「星」、佐藤美文選)

no image

【川柳】夏祭り 逢いたい人のもういない   ばた

浴衣の波 賑やかな声 毎年大人になっていく僕の 手持ち無沙汰の理由 それは君なら知っている そんな君には もう逢えないけれど ===   【掲載】夏祭り 逢いたい人のもういない     ふあうすと20 …

no image

【川柳】先生の嘘 今もまだ体温に

個性というそれぞれを守るために、先生は嘘をついてくれた。貫いてくれた嘘は、僕のなかを生きていて、今を形成してくれている。 「あした」とは、「明日」という目先ではなく「未来」のこと。 余韻がこんなに長く …

no image

【川柳】そしてまたひとを許して神様は   ばた

今度こそはっ 神様の呟き、神様のため息。 曇天である理由はそんなところなのかもしれない。 空を越えていく放物線は 虹であるはずが誰かを傷付けるための ミサイルの匂いを残していて。 ===   【掲載】 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)