川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

動物病院の先生から、花が届いた。

投稿日:

「噛まれるので、あまり近付けないでください」
「入院で預かりますけど、何かあっても、朝の診察時間までは連絡しませんので」
「何があるかわかりませんので、とにかく同意書にはサインをお願いします」

言っていることは間違ってはいない。病院が病院として機能するためには、無理のない時間管理とリスク管理が必要だ。わかっている。ただ、当時通っていた病院は、犬を犬として診ていただけのこと。

じゅにあのケアにあたってくれた先生は違った。犬を家族として見てくれた、寄り添ってくれた。
僕たち家族に話しかける以上に、まず、じゅにあに話しかけてくれた。

その先生から、じゅにあに、家族に、花が届いた。

今までに何度も犬を家族を亡くしてきて、その最期の時間を振り返るとき、十分なことをしてあげられたのだろうかとずっと苦しみ続けてきた。今回は、この先生に出逢えたことで、先生の治療に委ねたことで、僕たちの心はずいぶん癒された。そしてそれは、納得という程度のものではなく、感動というレベルにまで昇華した。何度流しても涸れない涙は、その先生の心で、とても温かい涙に変化した。そうだね、じゅにあにも、あの治療や注射は、先生の愛情だったということを教えてあげないと。

大蔵海岸ペットクリニック(明石の動物病院)

いま、先生自身のご家族も闘病中で、夜間診療は出来ないはずだった。
でも先生は、夜中でも休日でも、いつでも待ってくれていた。

じゅにあが生まれてきてくれたおかげで、こんな素敵な先生にも出逢うことが出来た。

犬と暮らすということは、その命に責任を持つことはもちろん、犬の教えてくれることにも耳を傾けるということ。
最後の最後まで、じゅにあは、僕たちにこんなにも感動を伝え続けてくれた。

じゅにあ。
おまえの命は、こんなにも確かな縁になって、繋がれたよ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

まだいける、いけるところまで。

深夜0時過ぎの帰宅。そして、また、今から仕事。 充実してます。 いろんな話があって、ほんとうに感謝。 自分たちという、商品、サービス。もっともっと磨きをかけて、お役に立ちたい。 心からそう思います。  …

no image

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。 ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる …

no image

身体はいろんなことを見て、聞いて、感じていて、そして悲鳴をあげるのだ

折れた肋骨の痛みはまだ続いている。 生まれてはじめての骨折 ただ、ようやく、咳やクシャミをしたときの響くような痛みは我慢できる程度になってきた。元に戻ろうとする骨たちに、僕はせっせとカルシウムを送り込 …

no image

心地よい関係の中の。

昼から、家庭教師時代の教え子N君とお茶。 22歳の青春が、眩しい。持て余した時間の中に、漠然と、将来への希望、不安。 その気持ち、わかるなぁ。 いつから、世間は「夢」という言葉を口にする人間を、青臭い …

no image

対話を繰り返して、選びました。

お弁当&川柳コンテスト(明石海苔の鍵庄さん)、結果発表。 審査員を務めさせていただきました。 よく、選者の方が「句と対話する」という表現を使われるのですが、今回の経験では、まさにその感覚を実感しました …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)