川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

動物病院の先生から、花が届いた。

投稿日:

「噛まれるので、あまり近付けないでください」
「入院で預かりますけど、何かあっても、朝の診察時間までは連絡しませんので」
「何があるかわかりませんので、とにかく同意書にはサインをお願いします」

言っていることは間違ってはいない。病院が病院として機能するためには、無理のない時間管理とリスク管理が必要だ。わかっている。ただ、当時通っていた病院は、犬を犬として診ていただけのこと。

じゅにあのケアにあたってくれた先生は違った。犬を家族として見てくれた、寄り添ってくれた。
僕たち家族に話しかける以上に、まず、じゅにあに話しかけてくれた。

その先生から、じゅにあに、家族に、花が届いた。

今までに何度も犬を家族を亡くしてきて、その最期の時間を振り返るとき、十分なことをしてあげられたのだろうかとずっと苦しみ続けてきた。今回は、この先生に出逢えたことで、先生の治療に委ねたことで、僕たちの心はずいぶん癒された。そしてそれは、納得という程度のものではなく、感動というレベルにまで昇華した。何度流しても涸れない涙は、その先生の心で、とても温かい涙に変化した。そうだね、じゅにあにも、あの治療や注射は、先生の愛情だったということを教えてあげないと。

大蔵海岸ペットクリニック(明石の動物病院)

いま、先生自身のご家族も闘病中で、夜間診療は出来ないはずだった。
でも先生は、夜中でも休日でも、いつでも待ってくれていた。

じゅにあが生まれてきてくれたおかげで、こんな素敵な先生にも出逢うことが出来た。

犬と暮らすということは、その命に責任を持つことはもちろん、犬の教えてくれることにも耳を傾けるということ。
最後の最後まで、じゅにあは、僕たちにこんなにも感動を伝え続けてくれた。

じゅにあ。
おまえの命は、こんなにも確かな縁になって、繋がれたよ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

死んでいなければ、生きている。生きていれば、失敗する。失敗すれば、楽しいことが待っている。

思い込みや先入観は、息を吸って吐くのと同じくらい当たり前に存在している。 その思い込みの理由に踏み込もうとする発想はいつも素晴らしいなぁと思う。空は青いもの、水は流れるもの。僕はそれ以上を考えたことは …

no image

癌で貰える障害年金、貰えない障害年金。

kobukobutaさんが5/22のエントリーで障害者年金を受給したい!というタイトルで書かれています。 障害年金って「この病気(=癌)だからお支払いします!」ってもんでもないんですよね。病気から見る …

blogを始めて6年、はじめて自分の顔を晒す・・・、わー。

へんしゅーちょー!!    といえば、神戸ポートアイランドの魅力を余すことなく伝えるポーアイ24の中谷さん。 12/3の金曜日に、「神戸の印刷・制作業者の集まりをやりたいんですー」 …

明石市立夜間休日急病センター。

ゆうこさんが39度の熱。連れてきました。 === 明石市大久保町八木743-33078-937-8499山陽電車中八木駅から北へ徒歩5分(明石城西高校前)

恋ごころが女の人生を変える。

時実新子著。 読書の秋の始まりに手にしたわりには、 主体となり、客体として、考えさせられる記述が多いです。 きっと男とて。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)