雑記

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

ゲフィチニブ(イレッサ)の副作用情報が一番多いそうです。
尚、31日15時現在、アクセスを試みましたが、まだサーバの反応が遅いので
内容までは確認していません。

参考までに。

===

薬の副作用2477症例、HP公開始まる(読売新聞)

医薬品医療機器情報提供ホームページにて

 厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は31日、製薬企業が報告した
医薬品のすべての副作用情報について、ホームページで公開を始めた。

 公開したのは、2004年4月分の副作用情報で、732医薬品の2477症例。患
者の性別と年齢、病名、副作用の内容、原因として疑われる薬、併用した薬などを記し
ている。このうち、患者が死亡し副作用が否定できない症例は63例で、最も多いのは
肺がん治療薬ゲフィチニブ(商品名イレッサ)の12例だった。

 全件公開のため、副作用との因果関係が否定された情報についても、注意書き付きで
掲載した。04年5月以降の副作用報告も順次公表し、2007年度中に、報告から半
年程度で公開できる体制を整える方針。

 副作用報告はこれまで、未知の副作用や、使用上の注意書きが改訂されたケースに限
って公開してきた。しかし、昨年度は約2万5000件の副作用報告に対し公開は18
72件で、薬害問題を追及する市民団体などから、全件公開を求める声が高まっていた。

 同機構は同じホームページで、患者向けに医薬品の使い方や副作用をわかりやすく解
説したガイドの掲載も始めた。