川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画 業務日記

相手を許せなくて苛立ってしまうときは、クマの着ぐるみを着た犬の動画で癒されることにする

投稿日:2014年11月28日 更新日:

「神戸は海と山が近くて素敵ですね」と言われるたび「こんな小さな街なので、人間関係を上手にやっていかないと商売は途端に立ち行かなくなります」と答えている気がする。

信頼と実績を積み上げていくのに必死だし、相手が約束を破ったり僕たちのお客さんの尊厳を傷付けるような真似をしない限りはこちらから仕事をお断りすることはない。損得よりも信用。信義則や商売人の義理を重んじるのは大切なことで、人それぞれ、べき論を相手に押しつけるべきではないと思っている。

ところが、そんな自分も同じ商売人のカテゴリーの中にいる人たちの目に余る行為や言動については不快感を露わにしてしまうことがある。どうして想像力を働かせないのだろう。それで傷つく人がいることに気付かないのだろうか。自分の商売をそんな風に言われたらどんな風に思うのだろう。自分が放つことは、自分に放たれることでもある。それでいいのか、どうして相手を許せないのか ――。

反面教師にして黙っていれば良いことを声に出しては襲ってくる後悔。怒りや妬みの感情は捨てるべきなのに、なかなかそれができない。誰かの行動に腹を立ててしまうこともまた、自分のなかにある弱さが原因。感情の波にしばらく揺られた後、自分と対峙する。まだまだだと自分に言い聞かせる。強くなりたいと心から思う。

犬が大好きだ。犬と過ごした日々はもう過去形でしか語ることができないけれど、犬への気持ちは現在形で話すようにしている。生きているし、その存在たちに生かされているんだとも思う。打算のない純粋な瞳で、犬たちは人間の方をじっと見つめてきてくれる。

可愛いね、ほんとにね。

Google

Google

-動画, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

no image

真面目で一生懸命であることを口にすると印象が悪くなってしまう理由

「真面目に一生懸命にやっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか」と、相談をされることがあります。誠実な人柄、いつも一生懸命。なのに、商売の結果が伴わない。 真面目で一生懸命なのは、人としてとて …

印刷会社のしてはいけないミスのこと。

あるお客様の仕事で、うちのミスがあり、ご迷惑をおかけしてしました。申し訳ございません。 たとえばJR西日本さん。 本来、鉄道の「鉄」という字の右側は「失」と書くのですが、「金を失う」では縁起が悪いとい …

no image

言葉は武器にも盾にもなる。実績は過去、寄り添う気持ちは未来。

コピーライターとしてこんな感じの仕事をしていますよ、と作風(雰囲気)を伝えるページを作ってみた。 コピーライターという選択 ~神戸のコピーライター西端です~ 言葉は武器にも盾にもなる。そして、自分の仕 …

三方よしの関係で「搾る」のではなく「永続」させる ~リストラなしの「年輪経営」/塚越寛

目に見える商品も目に見ることのできないサービスも、より良い品質のものをお客さんに提供するために協力会社さんのチカラは必要不可欠だ。 神戸の前川企画印刷では、協力会社さんのことを「業者」「下請け」と呼ぶ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)