川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ミスはあるものとして、ミスがあってからの「即」を徹底する

投稿日:2017年10月4日 更新日:

失ったお金はいつか取り返せる。だが、一度失った信用は簡単には取り戻せない。信用という高い山を築き上げていたとしても、損なわれるのは一瞬だ。常に言う。「信用は砂の城である」。

一方で僕は言う。「人はミスをする生き物である」とも。だから、ミスは怒らない。怒りで人を支配するのは恐怖政治だ。

お客さんからの信用は失いたくない、しかし、メンバーがミスをしても怒らない。このジレンマに苦しむ。管理されることは、自分は大嫌いだ。だから、ひとを管理することは僕はしない。自主性、自立性に委ねる。たとえば何か印刷ミスをしてしまったとしたら、自分たちの判断でやり直しをその場ですぐに決めて良いということにしてある。上司に相談してから、というのでは遅い。ミスはあるもの。大切なことは、ミスがあってからの「即」という行動だ。お客さんの失望、お客さんの負の感情。それに添えるのは「即」という判断と行動だけである。

お客さんの気持ちを想像すること。その気持ちから逆算して行動をする。理屈で動くのではない。感情で動くことのできる人たちを、僕は「うちの会社の仲間」と呼ぶ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

失敗とは人間味のこと

継続して生まれたものは「こんな風にしたからうまくいった」という武勇伝ではなく「こんな失敗をいくつも重ねた」という情けのない話ばかりだ。ただ、失敗は相手の共感を呼ぶことができる。共感という土壌があって、 …

no image

ラーメンを食べたい気持ちにさせる広告とは。

仕事だから、責任とプライドを持って取り組みます。 でも、プロだからとて、押し付けはしません。いつだって心がけていたいのは、気持ちのいい接客。 お客様があってこその私たちです。 ところで。 『ラーメンを …

平日のサービスエリアで仕事をすることのメリット

トミカ 068 郵便車 (箱)を買った。 車の好みは人それぞれ、僕は食パン型のクルマを愛してやまない。いざとなればそこで眠る(生活する)ことができる、いざとなればそこで商売をして生きていくことができる …

no image

自慢と自虐 ~「しゅっ」よりも「どてっ」と

【速報】弊社社員、Googleで「嘘っぽい笑顔」と画像検索すると、最上位に表示されることが判明。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年6月9日 伝えているつもりで伝わ …

no image

納品の瞬間まで…、プロ意識の積み重ね。

外注をお願いしている取引先に、かなり無理を言って仕事を急いで貰いました。 納期まで、一分一秒を争う仕事。お願いします、と頭を下げながらも、 (でも、どう考えてもこれだけの期間では無理だろう…) と、半 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)