川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

思い込みと驕りを捨てるべきであるという反省

投稿日:

問題を切り分ける能力のある人のことを尊敬する。

壁にぶつかったときは一歩引いて俯瞰するべき。あるいは、ちゃんとスタートに戻って「そもそもどうしてこの事態に陥ってしまったのか」と問いかけると整理されていく。わかってはいるのだけれど、自分のことになるとうまくいかない。間違っているはずがないという思い込みが視野を狭くしてしまう。「引く」状況なのに「押している」から事態は進展しない

思い込みの話でいえば、先日、コンビニではがきを買おうとしたところ、若い店員さんに「官製はがきって何ですか?」と聞き返されてしまうということがあった。

完全な郵政民営化が行われたのは2007年のこと。「官」でなくなってから相当の時間が経過しているのだから「官製はがき」という呼び方に若い人が反応できないのは当たり前のことだ。相手の立場になってものを考えよう、という話をいつもするのに、相手が若いというだけで驕りがあったのだと思う。知っているだろうという前提で相手に話をするのは高慢な印象を与えてしまう。素直に反省しなければならない。

ひとに現場に教えられて、人間として一生の成長がある。

相手が年下と知った途端に態度を変える人もいるけれど、年下に敬意を持つことができる人はいつも、年下から新しいことを吸収して、愛されて、尊敬されて、器を大きくしていく。三十にして立ち四十にして惑わず。不惑の年齢が近付くにつれ、自分もそんな風にして必要とされるようになりたいと考えるようになった。そのために捨てるべきなのが、思い込みと驕りであるという反省。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

こんな風に人生に関わりを持てる仕事です。

ジュニア川柳の入力。 小学校に通う子供たちの川柳と、お名前を入力していきます。どの句も純粋。 見たまんま、思ったまんまを伝えられることって、素晴らしいことですね。 僕らはよく、「いかに形容詞を使わずに …

no image

阪神百貨店のデパ地下における試食コーナー、店員さんとお客さんのコミュニケーション ~葛根湯以上恋人未満

しばらく冷蔵庫に保管しておいた葛根湯を振らずに飲むと、最後にどろっとしたものが残ってしまう。どろっとした部分に薬効の主成分が残っていそうで、水分の失われた瓶を片手に飲もうかどうかを躊躇するけれど、僕に …

no image

神戸で一番さん付けをされる会社になれば、ブランディングは成功したと言えるのだろうか

前川企画印刷のことを、「神戸で一番さん付けをされる会社」だと僕は書いて、その理由を問われる会話の流れに持ち込もうとする。答え方はいつも決まってる。「実際に前川企画印刷で検索してみてください」 流行りの …

no image

「ごめんなさい」と「ありがとう」が言えたら、なんとか、生きていけるのではないだろうか

プライドを守ることは大切だが、「プライドを守れ」という言葉に支配されすぎて消えていってしまっても本末転倒だ。一方で「ごめんなさい」と「ありがとう」をすぐに言える人は、いろんな人に助けられて伸びているし …

商売人の「血」と「義」を貫く ~商売の負け方

勝ち負けという言葉で商売を表現することの是非はともかくとして。 100:0で選ばれる必要はなくて、51:49のほんのわずかな違いを作ること、習慣にしていくこと、浸透させていくこと。商売の本質なんて、た …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)