読書

教科書に載った小説/佐藤雅彦編

教科書に載った小説という短編集を時々読み返す。教科書に載る意味、どんなことを感じ取ってほしかったのか、どんなことを感じるのか、選んだ人と読む人の両方の気持ちを想像して読めば感慨深い。国語の授業、小説を読み解いていく時にはいつも朗読のテープを聴くという贅沢な時間があった。当時は貴重な昼寝の時間になっていたこと、あの頃はわからなかった価値のいくつもが大人になってから分かる。帰りたくなる。