業務日記

咄嗟に出るひと言、一瞬で伝わる人の本質

名言のようないいことは、落ち着いたときに考えて書ける。一方で言動は咄嗟に出る、出さなくちゃいけない。その違い。一瞬に人の本質が出る。一瞬で人の本質は見透かされる。一瞬の価値を忘れてはいけない。一瞬の価値を磨くためには「自分はこんなにやった」と言う 傲慢さを捨て、「まだまだだ」という未来を見据えなければならない。足るを知る、そして足らずを知る。僕は永遠に未完でいいと思ってる。だから悩むし、走る。追いつき追い越したい背中の、なんて多いことだろう。