雑記

一生懸命に働くミツバチたちの、帰りを待っているのは誰

できるだけ、カメラを持ち歩くようにしている。

景色に向かっていくのではなく、景色が出逢いにきてくれる感覚が好き。準備をしている者のところにだけ訪れる「一瞬」が存在する。どれだけ何かに追われて縛られた生活を送っていたとしても、自分の軸と根っこにあるものを問い続ける。

ほころびる、はこぶ

Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 –

ミツバチたちは忙しく動き回っていて、撮影するのが難しかった。

たくさんの花が咲いている樹のところには、たくさんの仲間たちが競いあっている。ところが面白いもので、あまり花の咲いていないところでは、ミツバチの数も少なく、その動きもゆっくりとしていた。人のたくさんいるところでは競争も激しい。すこしだけ都会を離れたら、競争を忘れて自分のペースを取り戻すことができる。僕はここに、人間社会の縮図を見たような気がした。

春の羽音にしばらく。一生懸命に働くミツバチたちの、帰りを待っているのは誰。