雑記

優しい着陸と、強い離陸をする複数形に ~日付と日付と日付と行動と

時間はつくるもの。抱え込みすぎているのなら、手放してでも時間を作らなければならない。ところが、何かを捨てると目先のところでうまく回らなくなってしまうことがある。生きていくためには維持し続けなければいけないこともあって、捨てるにも勇気が要る。捨てるかどうかを迷っている時間ももったいないといえばそう。

結果を出した人に聞けば「あの時の決断があったから」と答える。失敗に終わった人は「もっと慎重になるべきだった」と言う。ならば、いまの状態のまま、眠る時間を削ってでも挑戦してみるべきか。落ちていく体力。「無理」の手前はどのあたりなんだろう。

instagram-media” data-instgrm-captioned data-instgrm-version=”6″ style=” background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:658px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% – 2px); width:calc(100% – 2px);”>

離陸、着陸、巡る、巡る

Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 –

春は巡って、節目から見据える未来。花を咲かせていく人を羨んでばかりいる。自分のこれからに日付を決めていきたい。日付を決めて動く人たちだけを応援して守っていきたい。巡る、巡る、優しい着陸と、強い離陸をする複数形に。