雑記

制約の中の自由を生きているのが

僕たちは、僕たちの「シロ」であることを確認しあうために、共通の「クロ」を決めて叩きすぎてしまうことがある。尖ったものだけがナイフなのではなく、相手を刺してしまう目的で放ったものもまた、ナイフになるのだということを思い知らなければならない。

権利と権利はぶつかり合うもの。自由を生きているのではなく、制約の中の自由を生きているのが僕たちなのである。