川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記 音楽

drifting on Kiss-FM KOBE

投稿日:2017年1月26日 更新日:

大人になった今も、僕の夜型の生活は変わることなく、明けるまでの時間を ――いまは現実に追われていることがほとんどだけれど ぼーっと過ごすことが多い。

そしてなんとなく、このSuzanne CianiのDriftingという曲をiPhoneから再生しては、懐かしい声や感触を思い出してみたりする。「ぎゅっと存在していた」を象徴する曲だからなのか、すこし、切なさを感じたあとに、じわっと温かくなる。そして朝がくる。このリズムで日々が繰り返されていくことが僕にはとても心地良い。

引用元:夜明けの神戸、Kiss FM KOBE、90年代、Drifting、Suzanne Ciani、ジングル ~夜の白くなるまで | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

かつてこんな記事を書いた。Driftingという曲の締め付けられるような懐かしさは、ずっと神戸で過ごしてきた人たち皆に共感してもらえるのではないかと思っている。

この曲を追いかけたくて、だけど曲名の思い出せない、そんな人たちのために、それっぽいキーワードを並べて記事にしておいたところ、いまでも検索で訪れてきてくれる人たちがいる。ときどき、おかげで昔々に再会できたと感謝のメールをいただくことさえあって、こちらが恐縮してしまうくらいだ。

ブログとは、場をつくるということ。場に、何かを求めて誰かがやってきてくれる。継続すればするほど、未来に楽しみが増えていく。

そんなことを、Driftingを聴きながら書く。

Google

Google

-雑記, 音楽

執筆者:

関連記事

疲れてる場合やないどー。

帰宅してからは、家の大掃除。今からは川柳締切直前モード。 ねむ、ねむ。

no image

ハサミと包丁が飛び交う兄弟喧嘩 -健康保険証を求めて。

古田選手のblogを読んで。 ワイドショーと報道番組の垣根が確かになくなってきているように思う。節操ないというか、くだらないというか。 若貴がどうしたの、こうしたの。 テレビ、それも、報道番組の役割っ …

no image

オマエハアホカと怒鳴りちらし寿司。

一回り以上は年上の、ある「営業」の方に激怒。 自分の行動や言動が、相手にどう作用するのか考えられない。年齢相応の常識や良識が全く感じられず、「自分さえ良ければ」な行動が前に出過ぎていて、とても不愉快な …

小さく優しく咲く花に。

通り過ぎてしまわぬよう、ゆっくりゆっくり歩きます。すると出会える優しい植物。 さりげない秋の風の中、しっかり根を張っています。

no image

まだいける、いけるところまで。

深夜0時過ぎの帰宅。そして、また、今から仕事。 充実してます。 いろんな話があって、ほんとうに感謝。 自分たちという、商品、サービス。もっともっと磨きをかけて、お役に立ちたい。 心からそう思います。  …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)